疾走︕委託ドライバー | 働く男のためのWEBマガジン

MENU

あなたらしい働き方で
賢く稼ごう!

あなたらしい
働き方で
賢く稼ごう!

委託ドライバーとして働きたいのなら、自分がどのように稼ぎたいかが肝心。なぜなら企業によって求めている人材が違うからです。
まずは稼ぎ方別におすすめ業者を紹介するので、チェックしてみよう!

あなたが希望する
稼ぎ方は?

ガッツリ稼ぎたいなら
桃太郎便

なぜ桃太郎便(クイックエース)は稼げるのか?

理由
その1
業界トップクラスの
配送単価
理由
その2
軽量物中心&配達のみだから
サクサク配達できる
配送単価が高く年収700万円以上も夢じゃない

桃太郎便(クイックエース)は完全出来高制。しかも一般的な配送単価が150円/個ぐらいなところ、桃太郎便は200円以上と業界トップクラス。配達すればするほど稼げるので年収700万円以上も夢ではありません。荷物が1~2kg中心の軽貨物というのも嬉しいところ。大手EC通販企業からの荷物の配送なので、仕事量も安定しています。若いうちにガッツリ稼いで、自分の夢を叶えたいといった方におすすめです。

副業で小遣い稼ぎしたいなら
タウンサービス

土日のみ働けるタウンサービスの魅力は?

理由
その1
時間帯や曜日など
働く時間を自分で選べる
理由
その2
企業間配送なので
再配達が一切なし!
本業のオフシーズンだけ働く人も多数!仕事量を調整できる

隔日や隔週など、自分のライフスタイルに合わせて開業できるのがタウンサービスの特徴です。いま仕事をしているけど「土日しか勤務がない」「季節によって仕事量に波がある」方の副業としても人気。朝や夜間のみ、平日だけのルート配達もOKなので、親の介護があって普通のサラリーマンとして日中は働けないといった方にもおすすめです。

地元で安定収入を得たいなら
ヤマト運輸

業界最大手のヤマト運輸はなぜ地方に強いのか?

理由
その1
全国の各地域に
営業所を完備
理由
その2
宅配便配達個数は
業界ナンバーワン
直営店や取扱店が多いことがバックアップに

業界最大手のヤマト運輸。全国に点在する営業所が網羅されているので、勝手の知った土地で働くことも可能です。宅配業者によっては都心エリアのみのところもあるので、どうしても生まれ育った・慣れ親しんだ地方で働きたい方はヤマト運輸が良いでしょう。ただ、地方は都心と比べると、配送量が少ないため高収入を得ることは難しいかも知れません。

今、委託ドライバーが
求められている!

実は今、委託ドライバーは高需要!ネット通販(EC)の拡大にともなって宅配量が急激に増加。2006年には約39.4億個だった荷物は、2016年には約402億個にもなり、今なお増え続けています。(※注)
委託ドライバーになるならまさに今がチャンス!これまで以上の収入を手にできる可能性の高い職業なのです。

※注:国土交通省調べによる宅配便取扱個数
(http://www.mlit.go.jp/common/001195251.pdf)

委託ドライバー
年収シミュレーション

現役委託ドライバー独占取材

委託ドライバーに取材をしている様子

現役の委託ドライバーにインタビューを敢行しました。委託ドライバーになろうと思ったきっかけから、ドライバーのやりがい、逆にここがとてもキツイところなどを聞いています。また、効率良く配達する裏技テクニックや彼が抱く将来の夢などの情報もあります。ぜひ参考にしてください!

現役ドライバー
インタビューはこちらから

委託ドライバーを積極採用している企業

大手EC通販会社の大口取引だから仕事が途切れない!配送単価が高くしっかりと安定した収入を見込めるのが魅力です。規定数量を超えた超過分はプラス報酬になるので、配達するほど収入アップ!年収700万以上も夢ではありません。開業までのサポートが充実しているから未経験でも安心。

全国各地で営業所を展開しているヤマト運輸。首都圏はもちろん、希望エリアで開業することができます。地元での独立開業を考えているという人におすすめ!少ない金額ではじめられますし、仕事はヤマト運輸から紹介してもらえるので安定した収入を得られます。

これまで2万人以上の独立開業をサポートしてきた実績のあるタウンサービス。専業として平日みっちり稼働するのも、兼業・副業として土日祝のみ稼ぐのもOK!自分のライフスタイルに合わせた働き方ができます。法人化や事業拡大も支援してもらえます。

宅配便やDM便だけでなく、家具の配送、引っ越しにも対応している佐川急便。宅配サポーターになると全国の希望する地域で働けます。加盟金や保証金は0円!研修中も報酬がもらえ、条件を満たす配送用の車があれば最短2週間で業務を開始できます。

組合や仲間ドライバーから仕事を斡旋してもらえる赤帽。また、自分で営業先を開拓することもできます。自分が開拓した得意先の売上がまるまる給料になるのはオイシイ!コミュ力を活かして稼ぎたいという人におすすめの企業です。

営業や集金、事務などの手間のかかる業務をすべて軽急便の本部が代行してくれます。ドライバー業のみに専念して、配達量を増やせば収入もUP。また、開業から2カ月は売上保証制度が適用されるのも魅力の1つです。

東証1部上場のSBS即配サポート会社のグループ企業です。大手企業ならではの手厚い研修制度が魅力的。委託ドライバーの基本はもちろん、インターホンの鳴らし方といった接客マナーや地図の見方まで、丁寧に教えてくれます。

150人を超える営業スタッフが在籍しており、圧倒的な営業力を強みにしているロジクエスト。委託できる仕事が多く、必ず収入を得られるのが特徴です。6カ月の車両無料貸与制度もあり、少ない先行投資で働くことができます。

開業アドバイザーが在籍しており、車両の選び方や申請書類の書き方、手続き方法などを丁寧にバックアップしてくれます。仕事は斡旋してもらえるので、営業活動をする必要がないのもポイントです。

1週間仕事を体験できるので、未経験の人でも気軽に応募できます。週休2〜3日と自分の予定に合わせて休みが取れるから、仕事もプライベートも充実しやすいのが特徴。首都圏で働きたい人やまずは体験してみたいという人向け。

神奈川・東京エリアを中心に活躍するC&S。ルート配送・企業便専門の委託ドライバーを募集しています。出来高制だから荷物を運んだ分だけ給料に!まったくの未経験からスタートしても大丈夫。月収30万円も夢ではありません!

全国に展開しているセルート。カーゴ便ドライバーだけでなくバイク便ライダーとしても活躍できます。未経験の方や土地勘がない方も、オペレーターチームによる案内で道に迷うことはありません。専業・Wワークどちらの働き方も可能です。

仕事を100%紹介してくれるため、勤務時間中に暇を持て余すことがありません。完全歩合給制だから、荷物を届けるほど稼げます!業務報告などの細かい作業は独自システムで管理してくれるから、配達だけに集中することができますよ。

自己資金0円から委託ドライバーをはじめめられる阿部マルエクスプレス。必要な資格は運転免許だけです。ルート配送のほか、食品配送の依頼もあり。業界未経験でも気軽にスタートすることができ、月収が最大50万円に至る人もいます。

決まった時間や曜日に荷物を集配・配達する定期便と、緊急の荷物を集配するスポット便が主な仕事内容です。研修制度があり初心者のチャレンジもOK!働き方次第では、年収400万円以上を目指すこともできます。

経験豊富なドライバーに研修してもらいながら仕事を覚えられる株式会社FOX。ドライバーからはじまり、企画や教育担当に転身した方もいます。企業への配送がメインで不在の心配がなく、力作業に自信のない方でもできる仕事もあります。

安心して働けるサポート体制があります。スタート支援金、ドライバー研修、車両貸し出し制度などを用意しているほか寮も完備。地方出身者でも安心して働けます。主に配送の多い地域をお任せするので安定した収入を見込めるでしょう。

200社以上の得意先へ食品を運ぶ配送代行業務を行います。勤務する日程・時間・日当は固定でスケジュール管理がしやすく、基本は直行直帰。必要のあるときだけ事務所に寄る気楽な勤務スタイルです。午前中は配送、午後は農業などダブルワークで働く方もいます。

物流の総合管理を得意とする株式会社DSC。企業向け・個人向け配送を幅広く取り扱っています。開業後も本部社員がフォロー。家族の急用や渋滞遅延などのトラブルでは本部が代行してくれる安心のサポートがあります。事務作業も基本的に本部が行ってくれます。

関東を中心に全国へ広がる軽貨物配送会社です。業務委託型ドライバーは完全出来高制で、頑張れば頑張るほど収入アップが見込めます。定期便・スポット便・直行直帰可能なチャーター便など、ドライバーの希望条件にあったワークスタイルを選ぶことができます。

営業ナンバーの取得や開業の手続きを、専門スタッフが代行してくれる株式会社翔和サービス。提携する自動車会社での点検・整備も可能です。通年通した配達業務のほか、お中元・お歳暮など期間限定だけの配達もあります。

軽貨物配送サービスを行っている会社です。軽自動車を使い、女性でも運べる重さ・サイズの貨物を配送します。ルート配送、定期配送、企業専属配送などさまざまな仕事の中から、ライフプランに合った仕事が選択可能。配送業や接客についての研修制度もあるので、子育て中の女性や未経験の方にもおすすめです。

トップ・カーゴは平成11年に創業された会社であり、開業資金や加盟金といった費用が不要な上、事前研修や先輩ドライバーのサポートを受けられるなど、委託ドライバーにとってありがたい制度が複数用意されています。

委託ドライバーへの平均支払額が業界トップクラスというハコブヨ.comでは、加盟金などの初期費用が不要であるだけでなく、平均年収が700万円程度、やる気次第では年収1,000万円超のケースも狙えるようです。

丸紋では人材育成に力が入れられており、それぞれの店舗のリーダーが各ドライバーを様々な面でサポートしています。また、男女の待遇差を撤廃し、女性ドライバーも活躍できるよう環境が整えられている点も魅力です。

ドライブワークスでは、加盟金や保証金といった初期費用がかからない上、研修も無料で受けられるため、委託ドライバー未経験の人でも安心です。また、報酬アップを目指す人には本部が必要な仕事を提供してくれます。

介護業種からの転職者など、初めて軽貨物運送業界へチャレンジしたという未経験の委託ドライバーも多い日軽では、日々の業務だけでなく独立後に必要な事務作業まで、幅広いノウハウを学べる制度が用意されています。

初期費用0円で委託ドライバーとしてデビューできるハウンドジャパンでは、説明会や相談会が定期的に開催され、未経験者へのフォロー体制も整えられているなど、年齢や性別を問わずチャンスをつかめる点が魅力です。

若葉ネットワークでは、Amazonなど大手企業から依頼された荷物の個人宅への配送業務と、電話帳・広報誌の配達業務がメインとなっています。勤務地は全国規模で、ドライバーの年齢層も10~70代まで幅広い点が特徴です。

初期費用なしで委託ドライバーとしてスタートできる上、管理職として社員登用制度も用意しているのが吉祥寺総合物流です。売上のおよそ90%をドライバーが収入として得られるため、努力次第で高収入を目指せます。

ai&aiでは加盟金が不要で、車を持っていない人でも車両リース制度を活用できます。また、本部に緊急事態に備えた管理部が設置されており、万が一のトラブル発生時にも速やかなサポートを受けられるため安心です。

ロジネットアドバンスでは完全出来高制が採用されています。また、初期費用が0円で開業できる上、研修制度も整っており、どんな人でもドライバーとしてのやる気次第で高額な年収を目指せる点は大きな魅力でしょう。

疑問を抱いている男性のイラスト

委託ドライバーって、荷物を運ぶ以外にも何かやるの?ぶっちゃけハードって聞いたけど、体力ない人はムリ?本当に儲かる?委託ドライバーに関するよくあるギモンにお答えしています。また、最近よく耳にする「再配達問題」について解説。

委託ドライバーにどんな影響があるのか気になる!まだ業界を覗いたことがない人は要チェックです!

委託ドライバーって
どんな仕事?

委託ドライバーが具体的にどんな仕事をしているのかの解説や勤務時間、気になる体力面について解説しています。本業でがっつりスタートしたい人も、土日や副業で働きたい人も、まずはどんな作業をどのくらいするのか知っておきましょう!

委託ドライバーの仕事内容をチェック!

本当に儲かるの?

一番気になるのが「委託ドライバーは本当に儲かるのか」というトコロ。広告では「稼げる仕事!」と謳われているけど、本当?なぜよく儲かるといわれるのでしょうか。業界の仕組みや儲かる理由が知りたい!という方は、一度は読んでおきたい内容です。

委託ドライバーが儲かる理由を詳しく解説

キツイって聞いたけど
大丈夫?

稼げるけど、その分ハードでキツそうというイメージの委託ドライバー。実際はどうなのでしょうか?キツいと言われている理由や、どのくらいハードなのか調べてみました。体力に自信がなくてもやってみたいと思える理由とは?報酬面以外のメリットにも注目です!

委託ドライバーがハードな理由を詳しく解説

すぐにはじめること
できる?

すぐにでもガンガン運んで稼ぎたい!そう考えている人に向けて、委託ドライバーをはじめられるまでの流れをまとめました。また、開業までに必要な免許や、揃えておくべきものについても解説しています。最短でどのくらいかかるのか知りたい方はこちらをチェック!

委託ドライバーのはじめ方を詳しく解説

開業資金って
いくらくらい?

「手持ちの資金がないんだけど、どのくらいお金を用意すればいいんだろう…」と思っていた人必見!ここでは、委託ドライバーをはじめるまでに必要な開業資金について調査しました。どうやら、資金0円ではじめられる会社や配達業者もあるようです!

委託ドライバーの開業資金をチェック!

副業もOK??

本業をしているけど、休みが多くて不安定な業種という人も多いもの。副業で委託ドライバーをはじめて稼ぎたいという人も多くいます。そのため、委託業者のなかには副業や兼業OKというところも多数。ここでは、副業をする際にやるべきことや注意点についてまとめました。

委託ドライバーが副業でもできるのか解説

再配達問題って何?

ネット通販の急増によって最近浮上している再配達問題について解説しています。再配達になる荷物は、委託ドライバーにどんな影響があるのでしょうか?また問題を受けて業界でとられている対策についてもまとめました。この機会に基礎知識を知っておきましょう!

再配達問題とは何か詳しく解説

女性でもできる?

体力勝負と思われがちな配送業ですが、運ぶ荷物によっては丁寧な取り扱いと配送先への気配りが求められます。このため、腕力が必須というわけではなく、慎重な取り扱いや細やかな心配りができる人材として、女性への期待が高まっているのです。

女性でもできるのか詳しく解説

求人はどこで探せばいいの?

直接会社に雇用されない委託ドライバーは、ハローワークでは探せません。検索数上位に来る求人サイトや情報誌の特徴についてまとめています。

求人情報の探し方について詳しく解説

軽貨物の内職商法ってなに?

委託ドライバー契約に必要だからと高額な加盟料を要求したり、提携店舗で車両を購入するよう勧めるなど、配送斡旋以外で稼ぐいわゆる内職商法を行う業者もいます。悪徳業者にひっかからないために、注意点などをまとめています。

軽貨物の内職商法について詳しく解説

面接ってどんな感じ

委託ドライバーで契約する前の面接ってどんなこと聞いておいてほうがいい?どこに気を付けるべき?委託先との面接時に知っておきたい項目や気を付けるべきポイントをまとめています。

委託ドライバーの面接について解説

車の購入って必須?

委託ドライバーが利用する車両って購入する必要があるの?購入以外にも方法がある?商売道具として不可欠な軽貨物車両の種類や購入のぜひについてまとめました。

軽貨物車の購入について詳しく解説

黒ナンバーって?

委託ドライバーが必ず手に入れるべき軽貨物車両に必須の黒ナンバーとはいったい?気になる取得方法や必要書類・費用を解説しています。

黒ナンバーについて詳しく解説

配送マッチングサービスって何?

荷物配送後に空の状態で走っているドライバーと、送って欲しい荷物のある荷主が互いの情報をネット上で共有し、スムーズな配送依頼を行えるサービスです。

配送マッチングサービスについて詳しく解説

配送中はユニフォームを着る必要があるの?

配送中のドライバーが専用のユニフォームを着用するかどうかは、委託企業によって異なります。ドライバーとユニフォームの関係についてまとめました。

配送中ユニフォームを着る必要性について詳しく解説

委託ドライバーによくあるトラブルってどんなもの?

顧客の大切な荷物を扱う委託ドライバーでは、何よりも信用が重要です。顧客からの信用を失わないよう、事前にトラブルについて把握しておきましょう。

委託ドライバーによくあるトラブルについて解説

どんな免許が必要なの?

軽貨物トラックの運転がメインの委託ドライバーでは、普通免許があれば大丈夫です。また、近年はAT限定免許だけでもOKという会社も増えています。

必要とされる免許について詳しく解説

委託ドライバーになるのに年齢は関係あるの?

個人事業主である委託ドライバーに定年退職や年齢制限はありません。むしろ業界の人手不足解消のために、あらゆる年代の積極的な活用が行われています。

年齢との関係性について詳しく解説

業務委託って何?

委託ドライバーの募集でよくある「業務委託」という言葉。独立や開業が必要な仕事でも見かけることがありますよね?これって一体どのような形態のことを指すのでしょうか。今さら聞けない業務委託の仕組みについて解説しています。委託ドライバーの「委託」の意味をしっかり理解してから準備のステップに入りましょう。

佐川急便とヤマト運輸。言わずと知れた大手宅配業者のドライバーの待遇や働き方は?佐川とヤマトのドライバー職の契約形態、給与や仕事内容の違いについて調査。働くならどっちがいいか比べています。 また、増え続けるネット通販を受けて配送料を値上げしたヤマト運輸。大手企業の料金見直しは、日本の宅配業界にどのような影響をもたらしているのでしょうか?実はここにも委託ドライバーが求められる理由がありました!

佐川急便公式サイト

引用元:佐川急便公式サイト
(http://www.saga-wa-exp.co.jp/)

ヤマト運輸公式サイト

引用元:ヤマト運輸公式サイト
(http://www.kurone-koyamato.co.jp/)

他のドライバー職と
委託ドライバーを
比べてみました

委託ドライバー以外にも、物や人を運ぶ仕事はたくさん。そこで、運転免許があればできるドライバーの仕事をいくつかピックアップして調査しました。それぞれのメリット・デメリット、平均給与や年収で比較してみましょう。

委託ドライバー
ベテランへの道

委託ドライバーとして長く安定して仕事を続け、ベテランになるためには、仕事のコツやいざというときのためのセーフティネットについて知っておく必要があります。そこで、仕事の効率をあげる方法や車のメンテナンスポイント、トラブルへの対処法についてまとめました。

委託ドライバーの
メリット・デメリット

委託ドライバーをするからにはメリットとデメリットをしっかり理解しておくことが大切です。

ここでは委託ドライバーのメリットとデメリットについて調べてまとめました。今後委託ドライバーとして働くことを検討されている方に参考にしていただければと思います。

委託ドライバーのメリット

委託ドライバーのメリットは意外とたくさんあります。メリットが多いことで注目されている職種の一つです。

条件が少ない

誰かに雇用されるわけではないので年齢、性別、学歴、国籍などの条件がほとんどありません。よって、面接を受けられなかったり、篩い落とされたりなどはなくスタートしやすい職種です。

また軽貨物の車両を所有していれば初期投資をする必要もないという身軽さ。もしも車両購入費用がなくても所属する会社からレンタル可能で、車の運転免許があり責任感のある人なら誰でもOKです。

やればやるほど収入が増える

働く時間やボリュームを自分で決められるので働き方によって高収入を得られます。ガソリンなど経費はかかりますが、頑張った分収入が増えるのはモチベーションアップに繋がります。

委託元によってはどんどんと仕事が入ってくるので営業などせず仕事を得ることも可能。自分の頑張り次第では相当な収入を得られるためやりがいのある仕事です。

煩わしい人間関係がない

個人での事業となるので上司や後輩、同僚などの人間関係に悩まされることはありません。周りの人に惑わされることなく黙々と集中して働くことができます。

委託ドライバーのデメリット

メリットの多い委託ドライバーですが少なからずデメリットもあります。委託ドライバーになるにはまずデメリットをよく理解しておきましょう。

収入が安定しない

やればやるほど稼げる委託ドライバーなので当然自分の体調が優れなかったり、何かしらの理由で働けないと収入は減ります。自身の仕事のボリュームで収入が変わるため、安定した収入は約束されません。

経費や税金など自己管理が必要

委託ドライバーは個人事業なので、車の購入や維持費、ガソリン代などは全て自己負担です。また車両保険など自分でしっかり管理しなくてはなりません。さらに健康保険料や年金なども自己加入で支払うことになります。

休みにくく感じる

個人事業なので自分の都合に合わせやすいですが、反対に言えば休んだ分収入も減るので気持ち的に休みにくく感じる人も少なくありません。自分自身で毎月どのようなペースで働くかなど目標を決めておくことがおすすめです。

ページの先頭へ