MENU
疾走︕委託ドライバー | 働く男のためのWEBマガジン » 他のドライバー職と委託ドライバーの仕事を比べてみました

他のドライバー職と委託ドライバーの仕事を比べてみました

ドライバーを比べてみました

他のドライバー職と委託ドライバーって正直何が違うの?と思っている方は多いはず。

こちらでは、それぞれの仕事におけるメリットやデメリットなどをピックアップしながら違いを紹介していきます。平均給与も記載していますので、ぜひ一度目を通してみてください!

タクシードライバー

タクシードライバー
メリット
  • 給料が歩合制
  • 土地や交通事情に詳しくなれる
  • さまざまな人との出会いがある
デメリット
  • 拘束時間が長く体への負担が大きい
  • 土地勘がなければいけない
  • トラブルが起こることもある
平均給与 月収:230,000~250,000円
年収:2,500,000~3,000,000円

タクシードライバーの仕事は、安全運転でお客さんを目的地まで送り届けること。会社から入った連絡を受けてお客さんを迎えに行く場合もあれば、走行中にお客さんを見つける場合もあります。歩合制ではありますが会社によっては給料を保証してくれるので、短期間で高収入を得られる委託ドライバーと違って長期的に働きたい人におすすめです。

長距離ドライバー

長距離ドライバー
メリット
  • 地理や渋滞しにくいルートに詳しくなる
  • 様々な地域を見て楽しめる
  • さまざまな人との出会いがある
デメリット
  • 必然的に長時間労働となる
平均給与 月収:340,000円
年収:4,360,000円

文字通り長距離を走行して荷物を運送するのが仕事です。一人で配送するという点では委託ドライバーと変わりませんが、走行距離が長いため体力や集中力が必要。その一方で委託ドライバーは配送距離が短いのが魅力です。

廃棄物収集ドライバー

廃棄物収集ドライバー
メリット
  • 定時で仕事が終わる
  • 収入が高い
デメリット
  • 臭いが気になる
平均給与 月収:240,000円
年収:3,000,000~5,000,000円

廃棄物収集ドライバーはあらゆるゴミを収集して、処理場などに運ぶのが仕事。委託ドライバーと違い朝早くから始まる分仕事が終わる時間も早いですが、2人1組で回収したり取引先の企業と会話する機会があったりする場合もあるので社交性のある方にピッタリです。

バイク便

バイク便
メリット
  • 自由度が高い
  • 給料の支払いが2通り
  • 感謝されやすい
デメリット
  • 事故やケガへの補償がない
  • スポットでの依頼が多い
  • 天候の影響を受けやすい
平均給与 月収:170,000~250,000円
年収:3,570,000円

バイクで預かった荷物を指定先まで届けるバイク便。多くのライダーが出社せずに街中で待機し、会社からの連絡を受け配達に向かいます。委託ドライバーと違いスポット配達が多いため、場合によっては待機時間の方が長くなってしまうこともありますが、とにかくバイクが好き!という方にはおすすめの仕事です。

牛乳・新聞配達員

牛乳・新聞配達員
メリット
  • 早起きのくせがついて健康的になった
  • 昼から夜は自由時間
  • 初心者でも簡単にできる
  • 強い精神力が身につく
  • 新聞配達には奨学生制度をもつ会社もある
デメリット
  • 前日のスケジュール次第で地獄の朝
  • 収入が低い
平均給与 牛乳配達員
月収:100,000円
年収:1,200,000円
新聞配達員
月収:110,000~140,000円
年収:1,320,000~1,680,000円

牛乳・新聞配達は名前の通り、契約先のお宅などに牛乳・新聞を届ける仕事。一般的に勤務時間が短いため委託ドライバーと比べて自由な時間が多いようです。ただ、どちらの仕事も朝早くから始まるので、早朝に寝坊しない自信のある方に向いています。

構内作業オペレーター(フォークリフト)

構内作業オペレーター(フォークリフト)
メリット
  • 体力に自信がなくてもできる
  • スキルアップに繋がる
デメリット
  • コミュニケーション能力が必要
  • 責任が重大
  • 危険が伴う
平均給与 月収:200,000~300,000円
年収:3,000,000円

構内作業オペレーター(フォークリフト)はフォークリフトで、人力では運べない重い荷物の運搬や移動を行うのが仕事。体に負担はかかりにくいものの、操縦には資格を取得する必要があります。バリバリ働いて高収入を得られる委託ドライバーと違い、長期的にコツコツと働きたい方に向いている仕事です。

Uber(ウーバー)ドライバー

Uber(ウーバー)ドライバー
メリット
  • 登録が簡単
  • 履歴書などが必要ない
デメリット
  • 賠償責任が生じる可能性がある
平均給与 日給平均:12,000円(目安)

アメリカで誕生したUber(ウーバー)は、2014年に日本にも上陸しました。アプリを使っての配送サービスは、世界の70カ国以上に拡大中です。日本でUberドライバーになるには、ハイヤー配送サービスであるUberBlackと、提携飲食店の料理を配達するUber eatsの2パターンがあります。Uber BlackとUber eatsについて、それぞれの業務内容やドライバーとして求められる条件、登録方法を詳しくご紹介しましょう。

ルート配送

ルート配送
メリット
  • 道を覚えるのが苦手な人でも始めやすい
デメリット
  • 重い荷物の積み出し、積み込みで体に負担がかかることがある
平均給与 月収:250,000~300,000円
年収:3,000,000~4,000,000円

ルート配送の仕事は、同じ場所から出発して、基本的には同じルートを通って同じ場所で荷物を降ろしていく仕事です。コンビニの商品配送などが代表的なお仕事。内容は時間厳守で厳しい一面はありますが、ルート配送は比較的仕事が覚えやすく求人も多いので、チャレンジしやすいドライバー職です。また人手不足のところが多いため給料が高めなのも魅力です。

セールスドライバー

セールスドライバー
メリット
  • 残業はあっても夜勤はなく、夜はしっかり眠れる
  • 歩合制でやりがいが持てる
デメリット
  • 拘束時間が長い
  • 忙しい時期は残業と仕事量が多い
平均給与 月収:200,000~300,000円
年収:3,000,000~4,000,000円

セールスドライバーは宅配便を配達、集荷する仕事。基本的には一つの営業所に所属し、その管轄の地域に荷物を配達、集荷を行います。7月と11月頃が繁忙期で、この時期は夜遅くまで配達しなくてはいけないこともあります。ですがほとんどのセールスドライバーは歩合制が導入されていて、こなせる仕事の量が多ければその分給料や年収もアップします。

バスドライバー

バスドライバー
メリット
  • 重い荷物を運ぶ必要がない
デメリット
  • お客様相手の仕事なのでストレスが溜まりやすい
平均給与 月収:200,000円 前後
年収:3,000,000~4,000,000円程度

バスドライバーの仕事は、決められたルートを走り停留所でお客さんに乗り降りしてもらう仕事。お客様の手荷物を運んだり乗降を手伝うことはあっても、重い荷物を扱うことはないので体力に自信がなくても挑戦できる仕事です。また公営のバス会社勤務は地方公務員となるので、安定した収入が得られる点も魅力。

介護ドライバー

介護ドライバー
メリット
  • 感謝されやすくやりがいが持てる
  • 60歳以上でも応募可能な求人が豊富
デメリット
  • 労働時間が短く、収入は少ない
平均給与 月収:100,000円 前後
年収:1,000,000円前後

介護ドライバーは、デイサービスやショートステイの利用者を、事業所と利用者の自宅間で送り迎えする仕事です。体の不自由な利用者が多いので気を使うことは多いですが、利用者や利用者のご家族に感謝してもらえる、やりがいの持てる仕事です。ただ労働時間が短く、パート扱いとしての募集がほとんどなのでしっかり稼ぎたい人には収入面で不満が出やすいでしょう。

運転代行

運転代行
メリット
  • 色んな種類の車を運転できる
  • 夜のみの仕事で副業にしやすく昼は自由に過ごせる
デメリット
  • ほとんどが飲酒しているお客様なので接客が大変
平均給与 月収:150,000円 前後
年収:1,500,000~2,500,000円

運転代行の仕事は、運転できない人に変わって車をお客様の指定する場所まで運転する仕事。お客様の車を運転する二種免許所持車と、普通免許でも可能な随行車が二人一組になって仕事を行います。この仕事はアルバイトの募集が多く副業にしやすい反面、正社員の募集はそう多くありません。また夜にだけできる仕事を探している人には向いていますが、夜専門の仕事の割には年収は低くなりがちです。

引越ドライバー

引越ドライバー
メリット
  • 体力と運転免許があれば誰でも仕事ができる
  • 常にニーズが高い
  • 体力がつく
デメリット
  • 仕事がきつい
  • 体を痛める人も多い
  • 体力のない人や高齢の人にできる仕事ではない
平均給与 月収:300,000~350,000円
年収:3,600,000~4,500,000円

依頼者の家にトラックで行き、引越しのサポートを行う仕事。ドライバーという側面はあるものの、作業の中心は荷物の搬出入です。あまりの重労働から体を痛めてしまうことがあったり、また、3月や4月などの繁忙期には休みを取りにくくなったりなど、決して楽な仕事ではありません。一方で、常にニーズの絶えない仕事である点は大きな魅力。まずは、体力や筋力に自信のある方に向いている仕事です。

役員車運転士

役員車運転士
メリット
  • 職業ドライバーの中では給料が高め
  • 過去に積み重ねた人間力を総合的に活かせる
デメリット
  • コミュニケーションの苦手な人には向いていない
  • 常に神経を張り詰めていなければならない
  • 役員のスケジュールに合わせなければならない(休日出勤もありうる)
平均給与 月収:400,000円
年収:5,000,000円

会社役員などの要職にある人を、車に乗せて移動する職業ドライバー。普通のタクシー運転手とは違って、車に乗せる相手が要職者のため、常に神経を張り詰めて運転しなければなりません。高いコミュニケーション能力や接客マナーも、役員車運転士には求められます。これまでの仕事で総合的な人間力が十分に備えられた方には、とてもやりがいのある仕事に感じられるでしょう。

重機運転士

重機運転士
メリット
  • 仕事のやりがいが大きい
  • 運転が好きな人や得意な人には向いている
デメリット
  • 季節によっては、仕事がきつい
  • 特殊な免許を取得しなければ仕事に就けない
  • 安全のため、常に神経を張り詰めている必要がある
平均給与 月収:200,000~350,000円
年収:3,000,000~5,000,000円

工事現場などで重機を操作する専門職。特殊な免許を必要とする仕事で、なおかつ、経験がものを言う仕事でもあります。他の作業員の安全を守りながら重機を操作しなければならないので、一日中、神経を張り詰めて作業をしなければなりません。その反面、自分がやった仕事に大きなやりがいを感じられる点は大きなメリット。機械の操作に自信がある方や、常にスキルアップを怠らない方に向いている仕事と言えるでしょう。

アマゾンフレックス

アマゾンフレックス
メリット
  • 月40万円程度の安定的な収入が期待できる
  • 好きな時間を選んでパートのように働くこともできる
デメリット
  • 圧倒的な高収入を目指すことが困難
  • 会社の顔が見えないので将来が不安
平均給与 月収:400,000円
年収:4,800,000円

大手通販会社・アマゾンの荷物を専門に宅配する仕事。個人事業主として配送業務を行う点では、委託ドライバーと違いはありません。ただし、あらかじめ仕事の量が決められているため、いかに仕事に慣れてきたとしても、月収を上げることが難しいのがデメリットです。

ネットスーパー配送

ネットスーパー配送
メリット
  • 仕事が安定的にある
  • 歩合給のスーパーでは高収入も見込める
デメリット キャリアアップや高収入が見込めない
平均給与 月収:250,000円
年収:3,000,000円ほど

ネットスーパー配送とは、ネット上のスーパーに入った注文商品を、注文者のお宅に届ける仕事のこと。仕事が安定的にあることは魅力ですが、その反面、委託ドライバーのような高収入を見込めない点はデメリットです。

キャバ嬢送迎ドライバー

キャバ嬢送迎ドライバー
メリット
  • 日給制が多いため、すぐにお金が手に入る
  • 道や交通事情に詳しくなれる
  • 深夜からの短時間勤務のため、副業として稼ぎやすい
デメリット
  • 自分の車を使用しなければならない
  • 運転ストレスが溜まることもある
  • トラブルが起こることもある
平均給与 日給:5,000~7,000円(時給換算で2,000~3,000円/時間ほど)

勤務を終えたキャバクラ嬢を自宅まで送り届けるのがキャバ嬢送迎ドライバー。キャバクラ店が閉店する深夜~数時間の勤務でよいため副業として人気です。一度に複数人を乗せて送迎するのが普通であり、自前の車を使って順番にキャバ嬢を送り届けます。

トレーラードライバー

トレーラードライバー
メリット
  • 一人で黙々と仕事ができる
  • 土地や交通事情に詳しくなれる
デメリット
  • 拘束時間が長く疲れやすい
  • 長時間の運転に集中力が必須
  • 高齢になると仕事がきつくなることも
平均給与 月収:250,000~400,000円
年収:3,500,000~5,600,000円

トレーラードライバーは切り離し可能なトレーラーにコンテナや建設機械などを積み、けん引して輸送先まで運搬します。大型免許とけん引免許が必須資格。早朝や深夜の仕事も多く、拘束時間は長めです。

精密機器ドライバー

精密機器ドライバー
メリット
  • 8時~18時などの勤務形態が多い
  • “重要なもの”を運ぶやりがいがある
  • 輸送先次第でさまざまな場所に行ける
デメリット
  • 精密機器が壊れないよう、振動や衝撃に細心の注意が必要
  • 場合によっては精密機器を分解・梱包・組み立てをする必要がある
  • 載せるものが高額なことが多く、神経を使う
平均給与 月収:250,000~350,000円
年収:3,000,000~4,200,000円

医療機器や工場機器などの精密機器を輸送するのが精密機器ドライバー。振動や衝撃に弱い精密機器をエアーサスペンションのついたトラックに載せ、慎重な運転で運びます。やりがいは充分ですが、精密機器が損傷しないよう集中力と神経を使う仕事です。

menu 配達員

menu 配達員
メリット
  • オンライン登録だけですぐに始められる
  • 初期投資がほとんど必要ない
  • 隙間時間で1時間〜でも働ける
デメリット
  • 常に注文があるわけではない
  • 配達距離が長いことが多い
  • 注文を受けられるかどうかが早い者勝ち
平均給与 日給 10,686円(目安)

menuの配達員は利用者が増えているにも関わらずまだ稼働している人が少ないため、他のフードデリバリーサービスより大きく稼げるチャンスがあります。すでに全国展開していて、現在もエリア拡大中です。アルバイト感覚で気軽に始めることができ、24時間対応なので深夜でも稼ぐことができます。友達紹介キャンペーンやレベルアップキャンペーンなども随時行っているので、稼ぐチャンスがたくさんあるのが特徴です。

フードパンダ 配達ライダー

フードパンダ 配達ライダー
メリット
  • 最低時給保証があるから初心者でも安心
  • 登録から稼働開始までがスピーディー
  • シフト制で1件あたりが比較的高単価
デメリット
  • シフトが早い者勝ちで埋まってしまう
  • シフトに入っている日に休む場合は代わりの人を探す必要がある
平均給与 日給 9,600〜16,000円(目安)

アジアを中心に広がっているフードデリバリーサービスです。あらかじめ登録したシフトに従って稼働します。登録すると稼働前に研修が行われるので、初心者の人でも安心してスタートできるのが特徴です。配達単価が比較的高いので、シフトにたくさん登録できれば大きく稼ぐチャンスがあります。まだ提供エリアは多くありませんが、徐々に拡大しているサービスです。

DiDiフード 配達パートナー

DiDiフード 配達パートナー
メリット
  • サポートが手厚いので安心
  • インセンティブ制度が豊富にある
  • 待機時間が比較的少ない
デメリット
  • まだそれほど認知されていない
  • 現金払いに対応しなければいけない可能性がある
  • 目標時間が設定されているので慌ててしまいやすい
平均給与 日給 10,000円(目安)

DiDiフードは関西圏や福岡・沖縄・宮城などで展開されているフードデリバリーサービスです。サポートが手厚いと評判で、配達中に何かしら問題が起きても、運営がしっかりサポートしてくれます。インセンティブが豊富で、ピークタイムを狙えば大きく稼ぐことも可能。アプリの操作が他社よりも多いことが気になるポイントではありますが、短時間でもしっかり稼げます。

Wolt 配達パートナー

Wolt 配達パートナー
メリット
  • 軽貨物車でも配達が可能
  • 複数同時配達で効率よく稼げる
  • サポートがしっかりしているので安心
  • 補償制度が充実している
デメリット
  • 注文数がそこまで多くない
  • 複数同時配達は原則的にリクエストを拒否できない
平均給与 日給 9,000〜12,000円(目安)

フィンランド生まれのフードデリバリーサービス・Woltはおしゃれなお店や名店の加盟店が多いです。自転車や原付に加えて、軽貨物車でもデリバリーが可能なので、軽貨物車がある人におすすめ。複数同時配達が可能なため、コツを掴めば効率よく稼げます。登録には適正テストが実施され、一度落ちると受けることができないので、最低限の道路交通法などを学んでおきましょう。

Chompy Chompyクルー

Chompy Chompyクルー
メリット
  • 事前にピックアップ先がわかるので長距離移動を避けられる
  • 待機時間にも待機報酬が発生する
  • 比較的配達単価が高い
デメリット
  • 提供エリアが限定的
  • 配達距離が長いことが多い
  • 稼働しているクルーが少ないとサービスが停止することがある
平均給与 日給 9,600〜12,000円(目安)

渋谷区や目黒区、新宿区など都内の一部エリアでサービスを提供している日本生まれのフードデリバリーサービスです。1件あたりの配達単価が高く、ブースト制度やチャレンジ制度など頑張り次第で稼げる制度が充実しています。注文者から評価だけでなくコメントをもらうことができ、モチベーションをキープしながら働ける仕事です。

【番外編】ドライバー補助

ドライバー補助
メリット
  • 比較的、仕事が楽
  • ドライバーを目指す人にとって勉強になる
デメリット
  • 給与が安い
  • まれに仕事がハードなこともある
平均給与 月収:170,000~180,000円
年収:2,000,000~2,200,000円程度

ドライバー補助とは、助手席に乗ってドライバーの各種業務を補助する仕事のこと。荷物の配送ドライバー、引越ドライバー、長距離ドライバーなど、さまざまなタイプのドライバーの補助として活躍します。

ドライバーの仕事はこんな人に向いている

委託ドライバーの仕事をしてみたいと考えているけれども、自分に合っているのかどうかわからないという方に向けて、どういった人が委託ドライバーの仕事に合っているのかといった特徴をご紹介します。自分に当てはまっているかどうかを確認して参考にして下さい。

運転が好きな人

言うまでもなく、委託ドライバーの仕事で費やす時間の多くは自動車の運転です。車の運転が好きでたまらない、長時間運転していても苦にならないという人は委託ドライバーの仕事に向いていると言えるでしょう。運転が好きなのは絶対条件なのでは?と思ったかもしれませんが、「運転が好き」と「運転をすること自体は好きでも嫌いでもない」というのは大きく異なります。委託ドライバーの仕事を続けるにあたって、長時間運転をし続けることになるので、運転が好きな方は仕事を続けられる可能性が高いですが、運転自体が苦になる可能性のある人は長期的に仕事を続けられない可能性があります。

稼ぎたい人

お金の面で言えば、委託ドライバーの仕事は他の単純作業の仕事と比較しても時給が高い方に分類されます。また、仕事を始めるためのハードルが低く、自動車と免許を持っていることだけですので、手っ取り早くお金を稼ぎやすいというのも特徴です。長時間の運転はどうしても疲れが出てしまうものですが、それをお金のためと割り切れる人は委託ドライバーの仕事に向いていると言えるかもしれません。

複雑な人間関係が苦手な人

委託ドライバーの仕事は基本的に自動車を運転して荷物を運ぶのが中心です。引っ越し業者のように複数でお客さんのところに出向いて、上下関係のある中で労働をするということはありません。複雑な人間関係が苦手で、自分一人で仕事を完結させる方が、気苦労がなく活き活きと働けるという人は委託ドライバーの仕事に向いていると言えます。

渋滞が苦にならない

委託ドライバーの仕事は人の多く住む地域間の配送なども含みます。そういった場合、問題になってくるのは交通渋滞による思わぬところでの時間の消費です。交通渋滞にはまった場合は精神的にもイライラしてしまい、疲れもたまってしまうものです。仕事の大半の時間を車の中で過ごす可能性があるので、交通渋滞も苦にならないメンタルがあれば、委託ドライバーの仕事に役立つことは間違いありません。

未経験でも運送業は問題なし!

基本的に運送業は唯一の条件である運転免許さえ保持していれば、業界未経験でも問題ありません。その点では働きやすい業界ではありますが、実際に未経験者が業界に一歩踏み出すにあたっては、注意すべき点や覚えておくべき点がいくつかあるのも事実です。

未経験の転職希望者も就職できる

運送業はECサイトの急成長による市場拡大に伴う物量の増加により、人材不足がより顕著になってきています。運転免許さえ保持していれば、業界未経験者であっても就職が可能です。

他の業種の場合、転職する場合はそれまでの経歴が問われるので、異業種への転職は少々ハードルが高いかもしれません。しかし、運送業界に関しては人材不足な点、さらには元々業務そのものは難しくないので、未経験者の転職はもちろん職歴や学歴に不安のある方でも、何ら問題ないでしょう。

頑張った分だけ、収入を得られるのもメリットです。今現在のお仕事に不満がある人、とりあえず自立したい人、職歴に自信がないけど仕事を探している人など、誰にとっても入りやすい業界と言えるでしょう。

未経験からすぐに大型トラックのドライバーになるのは難しい

業界未経験であっても、運送業界に入ることは決して難しくありません。むしろどの業者も大歓迎でしょう。しかし、運送業界にも様々な働き方・職種があります。未経験の場合、働けない業種としてあるのが大型トラックのドライバーです。大型トラックの運転には大型免許が必要ですが、大型免許の取得条件は21歳以上で、かつ免許停止期間を除いて3年以上の免許経歴期間が求められます。

免許を取得していない人間はもちろん、運転免許取得から3年が経過していない未経験者の場合、大型免許取得の条件は満たされません。まずは2tのトラックから経験を積み、次第に中型、大型とステップアップする人もいれば、大型免許取得の補助を行っている会社でサポートを受ける人もいます。

また、必ずしも大型のトラックを目指さなければならない道理はありません。どのようなタイプのドライバーになるかもまた、人それぞれです。いきなり大型トラックのドライバーとして働くことは難しいという点は覚えておきましょう。

ドライバーは簡単な仕事ではない

ドライバーのお仕事の基本は運転です。日常生活の中でも運転する人は、やりやすいと感じるでしょう。そのため、ドライバーのお仕事に対して「簡単」「免許さえあれば誰でもできる」というイメージをお持ちの人が多いようです。

しかし、ドライバーのお仕事は運転をするだけではありません。安全運転を心掛けつつ、異なる目的を遂行しなければなりません。

例えば委託ドライバーの場合、荷物をお客に届けるのが仕事なのである程度の配慮が求められます。一方、長距離ドライバーの場合、お客と接することはありませんが、長時間の運転になりますので忍耐力が必要です。ルート配送のドライバーの場合、正確性、さらには上司や取引先への報告などコミュニケーションスキルも求められるでしょう。

ドライバーのお仕事は運転を基本として、それぞれの職種によって異なるスキルが求められます。もちろんどれも慣れの問題もありますが、少なくとも「初めから誰でも簡単にできるお仕事」とは言い切れません。

仕事内容については確認しておくべき

ドライバーのお仕事は運転とプラスアルファです。運転している時間の方が長いドライバーもいれば、運転よりもむしろその他のお仕事の方がメインのドライバーもいます。「ドライバー」という名称は同じでも、それぞれ仕事内容は異なるため、仕事を選ぶ際は「どのようなドライバーなのか」を確認しておきましょう。

仕事に運転業務が組み込まれている点のみが共通しているだけで、ドライバーのお仕事もそれぞれ異なります。未経験からの応募の場合、それぞれのドライバーの微妙な違いが把握しにくいでしょう。どれも同じに見えてしまうのも致し方ない部分ではありますが、だからこそ応募の際、あるいは面接で仕事内容について確認しておくべきです。

「ドライバー募集」とあっても、運転の割合や運転以外の業務についての確認は必須となります。むしろこの点を怠ると、せっかくドライバーとなっても、「思っていた仕事と違う」と感じてしまうかもしれません。

将来設計も考慮しておこう

将来設計も重要なポイントです。一生ドライバーとして食べていくのであれば、大型免許取得のためにステップアップしたいと考えるのか、あるいはそのまま定年まで働くのか。一時的にドライバーとなっているものの、いずれは異業種にチャレンジしようと思っているのか。それぞれ将来設計は異なるので、改めて将来のビジョンをイメージすることも大切です。

ドライバーもまた、それぞれ需要が異なります。ドライバーとしてのお仕事が減少傾向にある場合にはどうするのか、様々なシミュレーションを行っておくことで、予期せぬ事態に遭遇したとしても最小限のダメージで対処できるでしょう。

ドライバーの仕事はこんな人には向いていない

委託ドライバーの仕事に向いている人はなんとなくわかったでしょうか。逆に委託ドライバーの仕事に向いていないと思われる人の特徴をご紹介します。委託ドライバーの仕事を始めるか悩んでいる方はこちらにも目を通して確認してみて下さい。

極端に体力がない

委託ドライバーの仕事は長時間の自動車の運転がメインとなるので、慣れていない人にとってはかなり疲れる仕事でしょう。極端に体力がなく、長時間の運転が難しい方は委託ドライバーの仕事は向いていないと言えます。とはいえ、仕事が早く終われば自分の時間に充てることもできるのが委託ドライバーの仕事の特徴です。今一度自分の体力について振り返ってみて、長時間の運転が可能かどうかを見極めてください。

運転に苦手意識がある

自動車の運転がメインとなってくるため、運転に苦手意識がある方は向いていません。運転が苦手でも、休日に家族や友達を連れて少し遠出する程度であれば良いかもしれません。しかしながら、毎日自動車を運転し、それを仕事としてお金をもらうというのだから、運転に苦手な人は本当にできるのかどうかを考え直してみましょう。

人と関わりあって仕事をしたい

一人で運転して荷物を運ぶ仕事の場合、はっきり言って仕事上での人との関りは多くありません。人との関りの中で自分の立ち位置を見つけ、チームで協力しあって成果を出していくことに生きがいを感じる人にとっては委託ドライバーの仕事は向いているとは言えません。

生活を不規則にしたくない人

委託ドライバーの仕事は、渋滞を避けるため、または急ぎでの配送などに対応するため早朝や深夜の時間帯の勤務もあります。そのため、生活は不規則になる可能性が高いです。規則的な生活が担保されないと働くことができないという人は委託ドライバーの仕事に向いていないと言えるでしょう。

ドライバーに定年はあるのか?

定年があるかどうかは、会社との契約形態によります。一般に正社員や契約社員の場合には、定年制度が設けられていますが、アルバイトや業務委託には定年制度が設けられていないことが普通です。

定年してもドライバーを続ける人が多い

正社員や契約社員として働いて定年を迎えたとしても、その後、会社と別の契約形態(アルバイトや嘱託など)で仕事を続けるドライバーが大半です。トラック業界、バス業界、タクシー業界、配送業界など、どのドライバー業界でも、定年をきっかけに本当に仕事を辞めてしまう人は少数派と言われています。

ただし、定年前に比べると、定年後の年収は下がることが一般的です。

定年を気にせず好きなだけ働ける業務委託ドライバー

業務委託契約のドライバーは、その会社に所属しているわけではありません。よって、その会社の人事システムも適用となりません。定年がないことはもちろんのこと、本人が「もう委託契約を更新しません」と申し出るまで、委託ドライバーはずっと働き続けることができます。

たとえ65歳であろうと70歳であろうと、「頑張れば頑張った分だけ給料が高くなる」のが委託ドライバーの魅力でもあります。

ドライバーに退職金はあるのか?

会社が定める一定期間以上、正社員としてドライバーを続けた場合には、一般に退職金が支給されます。

一方で、契約社員やアルバイト、パート、業務委託など、正社員以外のドライバーについては、通常、退職金は支給されません。

正社員ドライバーの退職金相場

長距離トラックの正社員ドライバーの場合、20年勤続で500~700万円くらいが退職金の相場と言われています。また、大型トラックの正社員ドライバーの場合には、同じく20年勤続で350~500万円ほどが相場。中型トラックの正社員ドライバーの場合は、20年勤続で300~400万円程度です。

他の職種に比べて、ドライバーの退職金の金額は、決して高いとは言えません。

最近は退職金制度のない会社も増えている

近年、正社員ドライバーに対して退職金制度を設定しない会社も増えてきました。退職金を撤廃する代わりに、定年の年齢を引き上げる会社や、現役中の給与を高めに設定する会社なども増えています。

正社員ドライバーを目指す方は、目先の給与や待遇だけではなく、定年制度や退職金制度などもよく比較検討したうえで、会社選びをするようにしましょう。

ドライバーのキャリアアップとは?

ドライバー業を続けながらキャリアアップを目指す場合は、大きく分けると2通りの選択肢があります。1つ目は資格や免許を取得して「できることを増やす」で、2つ目は所属している会社で信頼を築いて「管理職になる」です。

資格・免許を取得する

普通自動車免許があれば小型トラックに乗れますが、中型もしくは大型自動車免許を取れば、より大きなトラックに乗ることが可能です。大きなトラックに乗れるほど運べる荷物が増えるので、収入がアップするのは言うまでもありません。

さらに、フォークリフトや危険物取扱などの免許があれば、自分でトラックに荷物が積めたり、ガソリンの運搬が行えたりと、できることが増えるので選べる仕事の幅が広がります。

求人では、特定の資格・免許が条件に入っている場合もあり、取得している場合は採用されやすくなるだけではなく、手当などによる給与アップも期待できます。

管理職を目指す

ドライバーとして働く中で「今の会社で働き続けたいなぁ」と感じたら、管理職をキャリアアップの選択肢に入れましょう。

管理職になるには、会社から有能な人材と評価されなければなりません。仕事に精力的に取り組むほかには、周囲との良好なコミュニケーションを築いたり体調管理に気を付けたりすることが、管理職への近道となります。

転職したい人はどうするべき?

昨今ネット通販の普及に伴って、配送需要はグングン伸びてきているドライバー業界。特に転職したい人にとって、普通免許があれば働ける委託ドライバーは選択肢の一つでもあるでしょう。ただ、考えもなしに転職してしまうと失敗する恐れがあります。

転職を考えている際、どんなことに気を付けるべきなのか。転職に「待った」をかけたほうが良い人はどんな人かなど、委託ドライバーに転職したい人は一度考えてみることも大切です。

トラックごとに違うドライバー業について

「トラックのドライバー」という言葉ほど、幅広い職業はありません。ルートドライバーから長距離運航のドライバーもいれば、ミキサーやダンプカーなど、物流とはまた異なる「トラックドライバー」もいます。

そこで、トラックのドライバーにはどのような種類があるのかを大きく分類してみました。

小型トラック

いわゆる「2t車」のトラックは小型に分類され、「小型トラック」と称されています。小型トラックは一般乗用車と比べると大きいものの、トラックの中では小型です。そのため、比較的短距離の仕事として使われることが多いのが特徴です。

大きなトラックの場合、舗装されていない悪路では積載量次第で前進さえままならないケースもありますが、小型トラックであれば通行可能です。山奥、あるいは田舎の砂利道などでも活躍が期待できます。運ばれる製品は様々ですが、基本的には物流が多めです。

ルート配送として使われることもあれば、荷物の少ない引越しにも利用されます。街中を走っている姿を見かけることも珍しくないので、その姿を見かけたことがある人も少なくはないでしょう。トラックドライバーとしてはいわば「初心者向け」でもあるので、未経験者がトラックのドライバーとしてのキャリアをスタートさせるために乗るケースも珍しくありません。一方でお客に配送するケースも多いので、お客と接するのが好きだからと、中型や大型ではなく敢えて小型トラックでドライバーを続けている人もいます。

中型トラック

4tのトラックを「中型」と呼びます。2t車と比べると積載量が倍です。小回りという点では2t車に劣るものの、積載量に優れていることから多くの荷物を運ぶ場合に用いられます。

引越しの際にはファミリー向けで用いられることもあり、それなりに積載量を買われて活用されています。ルート配送にて運転するケースもあれば、長距離として用いられることもあるなど、小型や大型トラックと比べると活躍の場が広めです。免許法が改正される前に免許を取得している場合、普通免許で中型まで乗車が可能です。こちらも小型トラックと同じく、未経験者でチャレンジするケースもあります。

大型トラック

中型よりも更に大型のトラックです。こちらはロングボディとも呼ばれるタイプのものもあり、小回りを抜きに積載量に特化しています。一度に大量の輸送力を買われて長距離に用いられるケースが多いのが特徴です。小型や中型で何度も運送するより、大型一回で済ませばコストカットにも繋がります。

大型ドライバーのメインとも言うべきお仕事は長距離です。拠点から拠点、あるいは港から距離のある倉庫や会社までなど、それなりの距離を走ることになります。その分、拘束時間も長くなりますが給与も高くなりやすいのがメリットです。

ただし、大型トラックを運転するためには大型トラックの免許が必要になります。未経験者や普通乗用車の運転免許を取得して間もない人が、いきなりチャレンジできるお仕事ではありません。ちなみに大型のトラックにもバンやウイング、平ボディなど様々なタイプがありますが、運搬する物によって異なります。車体が大きいので、曲り道やバックなどにおいては運転の技術が必須です。

トレーラー

荷台が分離できるタイプの大きな運送車です。走っている姿だけを見ると、大型トラックと区別がつきにくいかもしれません。しかし、機能的な面で見ると、荷台を切り離して運転席部分だけでの走行が可能という違いがあります。荷台を倉庫や会社に預け、また別の荷台を取りに走るなど、小型や大型トラックよりもフレキシブルな活躍をしやすいのが特徴です。貨物車部分には重量税がかからず、複数のトレーラがあってもトラック複数台分より税金を抑えられるというメリットもあります。回転背景がトラックよりも小さいことから、右折左折がしやすいのもメリットの1つです。

ただし、荷台が分離するのでバックやカーブなどの操作は一般乗用車、小型や中型トラックとは根本的に勝手が異なります。例えばバックの際、運転部分と荷台部分が別々で動くことを考慮しなければなりません。総重量750kg以上であれば牽引免許も必要となるので、大型免許と合わせての取得は必須となります。

大型ドライバーの積載能力には柔軟な運転が必須となるので、会社としてもより幅広い用途でトレーラーの運用が可能です。荷台の受け渡しもできるので、ドライバーの負担軽減にも役立ちます。

タンクローリー

後部が荷台となっているのではなく、タンクとなっているのがタンクローリーです。タンクにはガソリンやプロパンガス、水といった液体や気体が入っています。タンクローリーの運転手は運転免許だけではなく、運ぶ物の取り扱い免許を取得しなければなりません。

燃料を運ぶ場合には危険物取扱者の資格が、薬品を運ぶ場合には劇毒物関係の資格が必要になります。ドライバーというお仕事ではありますが、別途資格を必要とする少々特別なジャンルのドライバーだと言ってよいでしょう。タンクローリーのお仕事は基本的に中継便がほとんどです。

荷物ではなくあくまでも「資格が必要なほど特別な運搬物」を乗せての運行であることが理由としてあります。工場や倉庫はもちろん、時にはガソリンスタンドだったり、化学薬品工場だったりなど、他のトラックではまず入らない場所に運搬するケースもあるのがタンクローリーです。

いわゆるトレーラータイプで荷台と運転席部分を切り離せるものもあれば、通常のトラック同様に荷台が切り離せないものもあります。運搬物やそれぞれの会社の運送目的などによって保有しているトレーラーが異なりますが、切り離せるトレーラータイプの場合はトレーラー同様、運転には高い技術が求められます。

ミキサー車

ミキサー車とは、荷台部分にコンクリートミキサーが搭載されている車種のことです。特性上、コンクリートを混ぜ合わせながら走ります。物流業界ではなく建設業界で用いられているのがポイントです。

コンクリートを「運ぶ」という点でジャンルは異なれど、トラックとしての役割を全うしていると考えられます。コンクリートを必要とする建設・建築現場まで向かい、そこでコンクリートを出すことになるので、他のトラックドライバーとは少々毛並が異なると感じるでしょう。エンドユーザー(最終的に購入するユーザーのこと)と向き合うこともなければ、基本的にはそこまで長距離運送をすることもありません。短・中距離程度の運行ではありますが、大半のミキサー車は大型になので、大型免許の保持が求められます。

ダンプカー

ダンプカーもミキサー車と同じく、建設・建築業界にて必要とされるトラックです。砂利、あるいは砂や廃棄物などを積載して走ります。油圧式のピストンによって荷台を傾けることができるので、砂利であればショベルカーや人力に頼らず、油圧で角度を付けて荷台からそのまま降ろせます。

資材によっては積載量限界近くに達することもありますし、基本的にとても大きな車体ですので、高い運転技術が必要です。建設現場の作業が滞っている場合、すぐには運搬できないので周辺で待機しなければならないケースも珍しくありません。こちらも基本的に短・中距離の運搬が多く、長距離運航するケースはそうそうないでしょう。

種類はローダーダンプ、3転ダンプ、Lゲートダンプなどがあります。ローダーダンプは土砂以外にも小型のユンボも運搬可能です。3転ダンプは後ろだけでなく左右にも荷台を傾けられるので、狭い場所でも活躍できます。Lゲートダンプは後ろの開口部分が特殊な構造になっており、コンクリートやアスファルトもおろしやすいのがメリットです。

ガッチリ
稼ぎたいなら
アマゾン
フレックス

ガッチリ稼ぎながらプライベートも充実できる
理由
その1
自分が働きたい時間帯と仕事量を選ぶことができる
理由
その2
業務は配送のみ!
代引きなど付加業務はナシ

副業で小遣い
稼ぎしたいなら
タウン
サービス

週1~2日で働ける
タウンサービスの魅力は?
理由
その1
時間帯や曜日など働く時間を自分で選べる
理由
その2
企業間配送なので
再配達が一切なし!

地元で安定収入を
得たいなら
ヤマトスタッフ
サプライ

業界最大手のヤマトは
なぜ地方に強いのか?
理由
その1
全国の各地域に
営業所を完備
理由
その2
宅配便配達個数は
業界最大クラス

※【3選選定理由】
「アマゾンフレックス」
服装・勤務時間自由のスマホアプリで始める軽貨物委託配送
「タウンサービス」
企業間配送のみのルート配送で週2日制希望など業務内容の選択が可能
「ヤマトスタッフサプライ」
宅配便サービス国内シェア第1位
※国土交通省「宅配便等取扱個数の調査及び集計方法」をもとに算出
※調査日時2017年7月

あなたが希望する稼ぎ方は?

自分のペースで
働いてガッチリ
稼ぎたい

アマゾンフレックス

副業で
週1~2日働いて
小遣い稼ぎがしたい

タウンサービス

馴染みある地方で
安定した収入
得たい

ヤマトスタッフサプライ

ページの先頭へ