MENU
疾走︕委託ドライバー | 働く男のためのWEBマガジン » 他のドライバー職と委託ドライバーの仕事を比べてみました

他のドライバー職と委託ドライバーの仕事を比べてみました

ドライバーを比べてみました

他のドライバー職と委託ドライバーって正直何が違うの?と思っている方は多いはず。

こちらでは、それぞれの仕事におけるメリットやデメリットなどをピックアップしながら違いを紹介していきます。平均給与も記載していますので、ぜひ一度目を通してみてください!

タクシードライバー

タクシードライバー
メリット
  • 給料が歩合制
  • 土地や交通事情に詳しくなれる
  • さまざまな人との出会いがある
デメリット
  • 拘束時間が長く体への負担が大きい
  • 土地勘がなければいけない
  • トラブルが起こることもある
平均給与 月収:230,000~250,000円
年収:2,500,000~3,000,000円

タクシードライバーの仕事は、安全運転でお客さんを目的地まで送り届けること。会社から入った連絡を受けてお客さんを迎えに行く場合もあれば、走行中にお客さんを見つける場合もあります。歩合制ではありますが会社によっては給料を保証してくれるので、短期間で高収入を得られる委託ドライバーと違って長期的に働きたい人におすすめです。

長距離ドライバー

長距離ドライバー
メリット
  • 地理や渋滞しにくいルートに詳しくなる
  • 様々な地域を見て楽しめる
  • さまざまな人との出会いがある
デメリット
  • 必然的に長時間労働となる
平均給与 月収:340,000円
年収:4,360,000円

文字通り長距離を走行して荷物を運送するのが仕事です。一人で配送するという点では委託ドライバーと変わりませんが、走行距離が長いため体力や集中力が必要。その一方で委託ドライバーは配送距離が短いのが魅力です。

廃棄物収集ドライバー

廃棄物収集ドライバー
メリット
  • 定時で仕事が終わる
  • 収入が高い
デメリット
  • 臭いが気になる
平均給与 月収:240,000円
年収:3,000,000~5,000,000円

廃棄物収集ドライバーはあらゆるゴミを収集して、処理場などに運ぶのが仕事。委託ドライバーと違い朝早くから始まる分仕事が終わる時間も早いですが、2人1組で回収したり取引先の企業と会話する機会があったりする場合もあるので社交性のある方にピッタリです。

バイク便

バイク便
メリット
  • 自由度が高い
  • 給料の支払いが2通り
  • 感謝されやすい
デメリット
  • 事故やケガへの補償がない
  • スポットでの依頼が多い
  • 天候の影響を受けやすい
平均給与 月収:170,000~250,000円
年収:3,570,000円

バイクで預かった荷物を指定先まで届けるバイク便。多くのライダーが出社せずに街中で待機し、会社からの連絡を受け配達に向かいます。委託ドライバーと違いスポット配達が多いため、場合によっては待機時間の方が長くなってしまうこともありますが、とにかくバイクが好き!という方にはおすすめの仕事です。

牛乳・新聞配達員

牛乳・新聞配達員
メリット
  • 早起きのくせがついて健康的になった
  • 昼から夜は自由時間
  • 初心者でも簡単にできる
  • 強い精神力が身につく
  • 新聞配達には奨学生制度をもつ会社もある
デメリット
  • 前日のスケジュール次第で地獄の朝
  • 収入が低い
平均給与 牛乳配達員
月収:100,000円
年収:1,200,000円
新聞配達員
月収:110,000~140,000円
年収:1,320,000~1,680,000円

牛乳・新聞配達は名前の通り、契約先のお宅などに牛乳・新聞を届ける仕事。一般的に勤務時間が短いため委託ドライバーと比べて自由な時間が多いようです。ただ、どちらの仕事も朝早くから始まるので、早朝に寝坊しない自信のある方に向いています。

構内作業オペレーター(フォークリフト)

構内作業オペレーター(フォークリフト)
メリット
  • 体力に自信がなくてもできる
  • スキルアップに繋がる
デメリット
  • コミュニケーション能力が必要
  • 責任が重大
  • 危険が伴う
平均給与 月収:200,000~300,000円
年収:3,000,000円

構内作業オペレーター(フォークリフト)はフォークリフトで、人力では運べない重い荷物の運搬や移動を行うのが仕事。体に負担はかかりにくいものの、操縦には資格を取得する必要があります。バリバリ働いて高収入を得られる委託ドライバーと違い、長期的にコツコツと働きたい方に向いている仕事です。

Uber(ウーバー)ドライバー

Uber(ウーバー)ドライバー
メリット
  • 登録が簡単
  • 履歴書などが必要ない
デメリット
  • 賠償責任が生じる可能性がある
平均給与 日給平均:12,000円(目安)

アメリカで誕生したUber(ウーバー)は、2014年に日本にも上陸しました。アプリを使っての配送サービスは、世界の70カ国以上に拡大中です。日本でUberドライバーになるには、ハイヤー配送サービスであるUberBlackと、提携飲食店の料理を配達するUber eatsの2パターンがあります。Uber BlackとUber eatsについて、それぞれの業務内容やドライバーとして求められる条件、登録方法を詳しくご紹介しましょう。

ルート配送

ルート配送
メリット
  • 道を覚えるのが苦手な人でも始めやすい
デメリット
  • 重い荷物の積み出し、積み込みで体に負担がかかることがある
平均給与 月収:250,000~0,000円
年収:3,000,000~4,000,000円

ルート配送の仕事は、同じ場所から出発して、基本的には同じルートを通って同じ場所で荷物を降ろしていく仕事です。コンビニの商品配送などが代表的なお仕事。内容は時間厳守で厳しい一面はありますが、ルート配送は比較的仕事が覚えやすく求人も多いので、チャレンジしやすいドライバー職です。また人手不足のところが多いため給料が高めなのも魅力です。

セールスドライバー

セールスドライバー
メリット
  • 残業はあっても夜勤はなく、夜はしっかり眠れる
  • 歩合制でやりがいが持てる
デメリット
  • 拘束時間が長い
  • 忙しい時期は残業と仕事量が多い
平均給与 月収:200,000~300,000円
年収:3,000,000~4,000,000円

セールスドライバーは宅配便を配達、集荷する仕事。基本的には一つの営業所に所属し、その管轄の地域に荷物を配達、集荷を行います。7月と11月頃が繁忙期で、この時期は夜遅くまで配達しなくてはいけないこともあります。ですがほとんどのセールスドライバーは歩合制が導入されていて、こなせる仕事の量が多ければその分給料や年収もアップします。

バスドライバー

バスドライバー
メリット
  • 重い荷物を運ぶ必要がない
デメリット
  • お客様相手の仕事なのでストレスが溜まりやすい
平均給与 月収:200,000円 前後
年収:3,000,000~4,000,000円程度

バスドライバーの仕事は、決められたルートを走り停留所でお客さんに乗り降りしてもらう仕事。お客様の手荷物を運んだり乗降を手伝うことはあっても、重い荷物を扱うことはないので体力に自信がなくても挑戦できる仕事です。また公営のバス会社勤務は地方公務員となるので、安定した収入が得られる点も魅力。

介護ドライバー

介護ドライバー
メリット
  • 感謝されやすくやりがいが持てる
  • 60歳以上でも応募可能な求人が豊富
デメリット
  • 労働時間が短く、収入は少ない
平均給与 月収:100,000円 前後
年収:1,000,000円前後

介護ドライバーは、デイサービスやショートステイの利用者を、事業所と利用者の自宅間で送り迎えする仕事です。体の不自由な利用者が多いので気を使うことは多いですが、利用者や利用者のご家族に感謝してもらえる、やりがいの持てる仕事です。ただ労働時間が短く、パート扱いとしての募集がほとんどなのでしっかり稼ぎたい人には収入面で不満が出やすいでしょう。

運転代行

運転代行
メリット
  • 色んな種類の車を運転できる
  • 夜のみの仕事で副業にしやすく昼は自由に過ごせる
デメリット
  • ほとんどが飲酒しているお客様なので接客が大変
平均給与 月収:150,000円 前後
年収:1,500,000~2,500,000円

運転代行の仕事は、運転できない人に変わって車をお客様の指定する場所まで運転する仕事。お客様の車を運転する二種免許所持車と、普通免除でも可能な随行車が二人一組になって仕事を行います。この仕事はアルバイトの募集が多く副業にしやすい反面、正社員の募集はそう多くありません。また夜にだけできる仕事を探している人には向いていますが、夜専門の仕事の割には年収は低くなりがちです。

引越ドライバー

引越ドライバー
メリット
  • 体力と運転免許があれば誰でも仕事ができる
  • 常にニーズが高い
  • 体力がつく
デメリット
  • 仕事がきつい
  • 体を痛める人も多い
  • 体力のない人や高齢の人にできる仕事ではない
平均給与 月収:300,000~350,000円
年収:3,600,000~4,500,000円

依頼者の家にトラックで行き、引越しのサポートを行う仕事。ドライバーという側面はあるものの、作業の中心は荷物の搬出入です。あまりの重労働から体を痛めてしまうことがあったり、また、3月や4月などの繁忙期には休みを取りにくくなったりなど、決して楽な仕事ではありません。一方で、常にニーズの絶えない仕事である点は大きな魅力。まずは、体力や筋力に自信のある方に向いている仕事です。

役員車運転士

役員車運転士
メリット
  • 職業ドライバーの中では給料が高め
  • 過去に積み重ねた人間力を総合的に活かせる
デメリット
  • コミュニケーションの苦手な人には向いていない
  • 常に神経を張り詰めていなければならない
  • 役員のスケジュールに合わせなければならない(休日出勤もありうる)
平均給与 月収:400,000円
年収:5,000,000円

会社役員などの要職にある人を、車に乗せて移動する職業ドライバー。普通のタクシー運転手とは違って、車に乗せる相手が要職者のため、常に神経を張り詰めて運転しなければなりません。高いコミュニケーション能力や接客マナーも、役員車運転士には求められます。これまでの仕事で総合的な人間力が十分に備えられた方には、とてもやりがいのある仕事に感じられるでしょう。

重機運転士

重機運転士
メリット
  • 仕事のやりがいが大きい
  • 運転が好きな人や得意な人には向いている
デメリット
  • 季節によっては、仕事がきつい
  • 特殊な免許を取得しなければ仕事に就けない
  • 安全のため、常に神経を張り詰めている必要がある
平均給与 月収:200,000~350,000円
年収:3,000,000~5,000,000円

工事現場などで重機を操作する専門職。特殊な免許を必要とする仕事で、なおかつ、経験がものを言う仕事でもあります。他の作業員の安全を守りながら重機を操作しなければならないので、一日中、神経を張り詰めて作業をしなければなりません。その反面、自分がやった仕事に大きなやりがいを感じられる点は大きなメリット。機械の操作に自信がある方や、常にスキルアップを怠らない方に向いている仕事と言えるでしょう。

アマゾンフレックス

アマゾンフレックス
メリット
  • 月40万円程度の安定的な収入が期待できる
  • 好きな時間を選んでパートのように働くこともできる
デメリット
  • 圧倒的な高収入を目指すことが困難
  • 会社の顔が見えないので将来が不安
平均給与 月収:400,000円
年収:4,800,000円

大手通販会社・アマゾンの荷物を専門に宅配する仕事。個人事業主として配送業務を行う点では、委託ドライバーと違いはありません。ただし、あらかじめ仕事の量が決められているため、いかに仕事に慣れてきたとしても、月収を上げることが難しいのがデメリットです。

ネットスーパー配送

ネットスーパー配送
メリット
  • 仕事が安定的にある
  • 歩合給のスーパーでは高収入も見込める
デメリット キャリアアップや高収入が見込めない
平均給与 月収:250,000円
年収:3,000,000円ほど

ネットスーパー配送とは、ネット上のスーパーに入った注文商品を、注文者のお宅に届ける仕事のこと。仕事が安定的にあることは魅力ですが、その反面、委託ドライバーのような高収入を見込めない点はデメリットです。

【番外編】ドライバー補助

ドライバー補助
メリット
  • 比較的、仕事が楽
  • ドライバーを目指す人にとって勉強になる
デメリット
  • 給与が安い
  • まれに仕事がハードなこともある
平均給与 月収:170,000~180,000円
年収:2,000,000~2,200,000円程度

ドライバー補助とは、助手席に乗ってドライバーの各種業務を補助する仕事のこと。荷物の配送ドライバー、引越ドライバー、長距離ドライバーなど、さまざまなタイプのドライバーの補助として活躍します。

ドライバーに定年はあるのか?

定年があるかどうかは、会社との契約形態によります。一般に正社員や契約社員の場合には、定年制度が設けられていますが、アルバイトや業務委託には定年制度が設けられていないことが普通です。

定年してもドライバーを続ける人が多い

正社員や契約社員として働いて定年を迎えたとしても、その後、会社と別の契約形態(アルバイトや嘱託など)で仕事を続けるドライバーが大半です。トラック業界、バス業界、タクシー業界、配送業界など、どのドライバー業界でも、定年をきっかけに本当に仕事を辞めてしまう人は少数派と言われています。

ただし、定年前に比べると、定年後の年収は下がることが一般的です。

定年を気にせず好きなだけ働ける業務委託ドライバー

業務委託契約のドライバーは、その会社に所属しているわけではありません。よって、その会社の人事システムも適用となりません。定年がないことはもちろんのこと、本人が「もう委託契約を更新しません」と申し出るまで、委託ドライバーはずっと働き続けることができます。

たとえ65歳であろうと70歳であろうと、「頑張れば頑張った分だけ給料が高くなる」のが委託ドライバーの魅力でもあります。

ドライバーに退職金はあるのか?

会社が定める一定期間以上、正社員としてドライバーを続けた場合には、一般に退職金が支給されます。

一方で、契約社員やアルバイト、パート、業務委託など、正社員以外のドライバーについては、通常、退職金は支給されません。

正社員ドライバーの退職金相場

長距離トラックの正社員ドライバーの場合、20年勤続で500~700万円くらいが退職金の相場と言われています。また、大型トラックの正社員ドライバーの場合には、同じく20年勤続で350~500万円ほどが相場。中型トラックの正社員ドライバーの場合は、20年勤続で300~400万円程度です。

他の職種に比べて、ドライバーの退職金の金額は、決して高いとは言えません。

最近は退職金制度のない会社も増えている

近年、正社員ドライバーに対して退職金制度を設定しない会社も増えてきました。退職金を撤廃する代わりに、定年の年齢を引き上げる会社や、現役中の給与を高めに設定する会社なども増えています。

正社員ドライバーを目指す方は、目先の給与や待遇だけではなく、定年制度や退職金制度などもよく比較検討したうえで、会社選びをするようにしましょう。

あなたが希望する稼ぎ方は?おすすめ宅配業者3選
ガンガン働いて【年収700万円】以上稼ぎたい
副業で土日のみ働いて【小遣い稼ぎ】がしたい
馴染みある地方で【安定した収入】を得たい
あなたが希望する稼ぎ方は?おすすめ宅配業者3選
ガンガン働いて【年収700万円】以上稼ぎたい
副業で土日のみ働いて【小遣い稼ぎ】がしたい
馴染みある地方で【安定した収入】を得たい

ページの先頭へ