MENU
疾走︕委託ドライバー | 働く男のためのWEBマガジン » 他のドライバー職と委託ドライバーの仕事を比べてみました » キャバ嬢送迎ドライバー

キャバ嬢送迎ドライバー

キャバ嬢送迎ドライバーの仕事内容や平均給与などを調べました。メリット・デメリットや口コミなどもまとめましたので参考にしてください。

仕事内容

キャバ嬢送迎ドライバーの仕事は、「仕事終わりのキャバクラ嬢を、店から自宅や目的地へ送り届ける」仕事です。キャバクラは法律上深夜0時で閉店ですが、終電もなく暗い夜道をキャバクラ嬢が安全に帰る手段はありません。そこでキャバクラ店と契約し、その店のキャバクラ嬢専用のドライバーとして運転手を務めるのが“キャバ嬢送迎ドライバー”です。

1日の仕事の流れ

深夜0時~

キャバクラ店の営業開始時間は店によって異なるものの、閉店時間は0時までと風営法で定められています。そのためキャバ嬢送迎ドライバーの仕事のスタートは深夜0時以降。閉店頃にはお店の裏口付近などに車を停め、キャバ嬢が乗るのを待ちます。

その日の乗車予定によって動きは異なる

一度に車に乗せるキャバ嬢は1人ではなく、複数人が基本。どのキャバ嬢を乗せるのか・どの順番で回るのかはお店側が決めてくれることが多いようです。
また、たいていのキャバクラ店では送迎ドライバーを何人か雇っているものですが、キャバ嬢の退店の時間がズレたり人数が多い場合は何度も送ることもあります。とくに繁忙期などは出勤するキャバ嬢の人数も多いため、送迎ドライバーは何度もお店とキャバクラ嬢の自宅を往復することも。たいていの場合は、複数人のキャバ嬢を送ってからお店付近で待機→送迎の流れになるようです。

仕事の終わりは深夜3時頃が多い

さて、複数のキャバ嬢を車に乗せたあとは、それぞれの自宅や目的地に順番に送らなければなりません。送迎ドライバーの仕事の終わりはおおよそで3時頃。ナイトワークではありますが、深夜の数時間で日給6,000円程度稼げます。そのため、キャバ嬢送迎ドライバーを副業としておこなっている人が大半です。

キャバ嬢送迎ドライバーに向いている人・向いていない人

向いている人

運転免許と自分の車がある人(できれば大人数が乗れるタイプの車)

基本的にキャバ嬢の送迎ドライバーは自前の車を使用します。そのため、少人数しか乗れない・狭いなど乗り心地が悪い車は適していません。
また、ガソリン代はたいていのお店は支給してくれます。求人にその旨が記載されていれば確実ですが、そうでない場合は面接時に必ず確認しておきましょう。万が一ガソリン代を自己負担しなければならない場合、日給の半分以上がガソリン代に消えていく…ということになりかねません。また、高速料金についても念のため確認しておくと良いでしょう。

運転が上手い人

送迎ドライバーに必要な運転スキルとは、「丁寧に、安全に、ノロノロ走らない」こと。乗せるのは仕事帰りで疲れた女性です。また、勤務中にお酒に酔ったキャバ嬢もいますので、急発進・急ブレーキなど荒い運転をする人は向いていません。さらにいえば、法定速度内であることは当然ですが、あまりにノロノロ走るとキャバ嬢をイライラさせてしまうかもしれません。
人の命を預かるドライバーですから安全運転が第一ですが、あまりに慎重なノロノロ走りはクレームのもと。送迎ドライバーには、なめらかにかつスムーズに運転できる人が向いているといえるでしょう。

道を覚えるのが得意な人

送迎ドライバーが送り届けるキャバ嬢は何人もいるうえ、自宅の方向はバラバラです。一度通った道を覚えられ、スムーズに回れることが大切。また、キャバ嬢のなかには日によって違う目的地をのぞんだり、寄り道をお願いすることもあります。そういった場合でもスムーズに対応できることも重要なスキルです。

どんな相手にも礼儀正しく振舞える人

キャバ嬢を相手にするとなると、少しくらい調子に乗ってもよいのでは?と思うでしょうか。しかし送迎ドライバーにこそ礼儀正しさが求められます。確かに、仕事終わり・お酒に酔っているという点もあり陽気なキャバ嬢を乗せることも多いかもしれません。車の中で多少うるさくされることもあるかもしれません。ですがそんなときも送迎ドライバーは紳士でなければなりません。
挨拶や労いの言葉を心がけ、いつでも落ち着いた対応をとれる人こそが、送迎ドライバーに採用される人なのです。

向いていない人

深夜は眠気が勝ってしまう人

キャバ嬢送迎ドライバーは深夜の短時間で稼げるおいしい仕事ですが、深夜に眠気が勝ってしまう人には向いていません。大げさなようですが、送迎ドライバーはキャバ嬢の命を預かる仕事です。眠気から事故を起こしてしまっては大変ですから、夜型で深夜に活動するのが苦ではない人が向いているでしょう。

ナビがないと目的地までたどり着けない人

目的地までの道のりを教えてくれるカーナビは便利ですが、送迎ドライバーがナビに頼り過ぎているとトラブルや突発的な変更に対応できません。ナビを使ってはいけないわけではありませんが、ナビがないと目的地まで自力でたどり着けないドライバーはキャバ嬢の反感を買ってしまうでしょう。

下心がある人

仕事の相手がキャバ嬢だからといって、あわよくば…と考えている人は向いていません。ほとんどのキャバクラ店ではキャバ嬢と送迎ドライバーの恋愛・交際を禁止しており、チャンスはありません。送迎ドライバーは必然的にキャバ嬢の自宅を知ることになりますから、お店側が信頼できると判断した人しか採用されません。

平均給与

キャバクラ嬢の送りドライバー給与は日給制が多いようです。日給5,000~7,000円ほどであり、平均で1日6,000円程度。時給で考えると2.000~3,000円です。給与は日払いのお店が多いため、すぐにお金が必要なときでも心強い仕事です。

キャバ嬢送迎ドライバーのメリット・デメリット

メリット

副業として稼げる

キャバ嬢送迎ドライバーの仕事は深夜の短時間で1日6,000円程度稼ぐことができます。生活リズムとうまく折り合いがつけられれば、副業として収入を伸ばすことができるでしょう。

道に詳しくなれる

キャバ嬢によって自宅の場所はさまざまですから、繁華街から郊外まで道に詳しくなれます。深夜のため渋滞などは考えにくいですが、抜け道や知らないお店の発見は嬉しいポイント。

デメリット

自分の車が消耗する

仕事では自分の車を使用しますから、たくさん走ることによって車が消耗します。ガソリン代が出るといっても走行距離は伸びますし、やはり何回も人を乗せることで車内やパーツの劣化は早まるでしょう。
またお酒に酔ったキャバ嬢の嘔吐物やゴミ、タバコなどで車内が汚れる可能性も考えておかなければなりません。

運転のストレスが溜まることも

ドライバーの仕事を検討しているくらいですから、ほとんどの方が運転好きと考えられます。しかし深夜の道路は運転が荒いドライバーも多く、事故を起こしそうになってヒヤヒヤしたり、横柄な運転にイライラすることもあるかもしれません。また、元気なキャバ嬢たちが車内で騒ぐこともあり、ドライバーが疲れているときにはイライラしてしまうことも考えられます。

実際に働いている人の口コミ

メリットが大きい

いままで副業として警備員やファミレス、コンビニなどいろいろ経験してきましたが、この仕事は楽です。デメリットもあるとは思いますが、時給2,000円だしメリットの方が勝りますね。もう5年は続けています。

思っているよりも楽でした

楽そうな仕事だと思って応募しました。実際、思った以上に楽でした。キャバ嬢たちはたまにうるさいこともありますが、慣れればかわいくも思えてきます。

お店選びが重要

送迎中にキャバ嬢たちが好き放題話しているのが、怖いけど面白かった(笑)口は悪いけど素行が悪い人はいなかったし、お店選びを間違えなければなかなか楽しい仕事でした。

キャバ嬢送迎ドライバーと委託ドライバーどっちがいい?

キャバ嬢送迎ドライバーは深夜の短時間に稼げるおいしい仕事ですが、本業にするほどには稼げません。やはり短期間でガッツリ稼ぐのなら、委託ドライバーがおすすめ。委託ドライバーは決して楽な仕事ではありませんが、運んだ分だけ稼ぎがアップする魅力もあります。

あなたが希望する稼ぎ方は?おすすめ宅配業者3選
ガンガン働いて【年収700万円】以上稼ぎたい
副業で土日のみ働いて【小遣い稼ぎ】がしたい
馴染みある地方で【安定した収入】を得たい
あなたが希望する稼ぎ方は?おすすめ宅配業者3選
ガンガン働いて【年収700万円】以上稼ぎたい
副業で土日のみ働いて【小遣い稼ぎ】がしたい
馴染みある地方で【安定した収入】を得たい

ページの先頭へ