MENU
疾走︕委託ドライバー | 働く男のためのWEBマガジン » 他のドライバー職と委託ドライバーの仕事を比べてみました » 牛乳・新聞配達

牛乳・新聞配達

配達のお仕事と言ったらまず浮かぶのが新聞配達。「子どもの頃に手伝わされた!」という人もいるのではないでしょうか?ここでは早朝配達の代表選手として牛乳・新聞配達について調べてみました。

仕事内容

その名の通り、主な仕事内容は契約先のお宅に新聞や牛乳を届けることになります。割り当てられたエリア内へ配送し、早朝5時ごろまでに配達し終えるのが一般的です。

1日の仕事の流れ

会社によっても多少流れは異なりますが、ここでは一般的な仕事の流れをまとめました。代表として新聞配達を例に紹介しています。

新聞配達・朝刊

3:00:出勤・新聞の荷下ろし、チラシ折込作業

印刷所から到着した新聞を下ろし、まずは新聞販売所まで運びます。チラシがある場合は、折込作業も必要。スタッフ総出で配達の準備にあたります。

3:30~5:30:配達

配達の準備が整ったら、いよいよ配達。電動自転車やバイクに新聞を積み込み、それぞれ割り当てられた担当区内の配送を行います。

6:00:帰宅

配達が終わったら販売店へ戻り、問題がなければ帰宅します。

新聞配達・夕刊

15:00:出勤、配達スタート

朝刊同様、配達の準備を行います。夕刊は購入者が少ないため部数が多くなく、チラシもほとんどないので短時間で済むようです。

17:00:配達完了、帰宅

配達が終わったら帰宅します。

雇用契約によっては顧客管理業務(新規・継続契約営業、配達停止・再配達手配、集金)を空いた時間内でやることもあります。

牛乳・新聞配達に向いている人・向いていない人

向いている人

朝に強く体力のある人

寝坊してしまうと約束通りの配達ができず、お仕事として成立しません。起きてすぐでもぼーっとせずにしっかり動ける人は向いています。

単純作業が苦にならない人

配達エリアが変わるなど大きな変化がなく比較的単調な仕事内容です。慣れてくると配達漏れや間違った商品の投函ミスなどが発生しがちなので、単純作業でも丁寧に作業する人が求められます。

細やかな気配りができる人

天候によっては配達に気配りが必要になってきます。雨ならできるだけ濡れないようにビニールで包装するのは当たり前。牛乳ならあまり日の当たらないところに配達ボックスを設置するなど、単純だけど気を遣う場面がいくつもあります。

向いていない人

方向音痴な人

配達先や道を覚えられない人は配達に苦労します。車ならナビ登録もできますが、バイクや自転車だと使えないことがほとんど。担当エリアはきっちりと把握しておかないと効率よく配達できないため、方向音痴の人には厳しいかもしれません。

朝起きられない人

新聞・牛乳配達において早起きは仕事の一部。目覚ましをかけてもなかなか早起きできない、という人は向いていません。寝坊すると遅刻や欠勤となり、給料をもらえない可能性があります。

平均給与(月収&年収)

牛乳・新聞配達の平均月収は22万円。年収は309万円ほどです。早朝の仕事のため、他の配達業務に比べて収入は多い傾向があります。会社によっては月収15万円未満のこともありますが、70%以上は20~30万円というデータが出ています。

牛乳・新聞配達ドライバーのメリット・デメリット

メリット

早起きのくせがついて健康的になる

朝早くに作業する仕事なので、夜は早く寝て朝早く起きるという健康的な生活に。仕事に打ち込むだけで体にも良い影響が生まれます。

昼から夜は自由時間

明るい時間帯で仕事が終わることがほとんどなので、昼から夜までは思い切り自由な時間を味わえます。

初心者でも簡単にできる

単純な配達業務なので高いスキルを求められません。誰でも簡単に始められ、慣れるまでは先輩スタッフと一緒に回るので初心者にも始めやすい仕事です。

強い精神力が身につく

早起きはもちろんのこと、雨や雪、風の強い日など悪天候でも配達を続けることで、強い精神力が身に付きます。これから就職活動という人には自己アピールとしても使えるかもしれません。

デメリット

夜の予定を入れづらい

朝が早いので夜に予定が入ると睡眠時間を削ることになります。どうしても断れないお付き合いがある場合は悩みのタネになることも。

収入が低い

新聞・牛乳配達は時給で給料を計算されることが多め。時給だけ見ると割と高めなところもありますが、勤務時間数が短いので月の給料に換算するとあまり高くありません。

実際に働いている人の口コミ

責任感が身に付きました

自分が配達しないとお客様が困ってしまうと思うと、どんなに眠くても頑張ることを選んでいました。早寝早起きで健康的な生活習慣を手にいれられたのは良かったですが、天候が悪かったり犬に吠えられたりなど大変なことも多かったです。

一人で黙々と作業できるのが良い

車を持ち込みでするアルバイト形式の牛乳配達をしています。資格は運転免許だけでOKだし、一人で作業するので周りとの接点もなく気軽に仕事したい人にはオススメな内容だと思います。夏場、冬場は辛い日もあるし、コースを覚えるのはそこそこ苦労しました。

精神的にも鍛えられました

新聞配達の仕事を始めて何が大変かといえば早起きをしなくてはならないことです。配達スタートが3時。5時半ごろに終わります。でも基本的に一人で作業するので気楽だし、美しい朝焼けを見られたりなどの楽しみもあります。集金や営業が嫌という声もありますが、わたしはあまり苦ではなく、その仕事のおかげで精神的に鍛えられたと思っています。きちんとした仕事だし、自分がやっただけの結果がついてくる良い仕事です。

人の温かみに触れられる仕事

配達する商品と数がそれぞれ異なるので慣れるまではかなり大変でした。まだ薄暗い時間帯に配達が始まるので間違えることも度々。天気の悪い日は辛いし、停車しているとクラクションを鳴らされたりと嫌なこともありますが、牛乳箱の中に庭で採れた果物を入れてくれていたり、バレンタインチョコが入っていたりとふとお客様の温かみに触れられたり嬉しいこともあります。

牛乳・新聞配達ドライバーと委託ドライバーどっちがいい?

牛乳・新聞配達は短時間勤務が多く、収入重視の方にはやや不向きかもしれません。ですが、生活習慣の改善、自由な時間を使えるなど収入以外で得るものが多いという利点もあります。

一方、委託ドライバーは、一日中荷物を配達しなければならずややハードな仕事内容ですが、ガッツリ働けるので収入は多め。

そのため早起きができて体力に自信がある人は牛乳・新聞配達ドライバー、フルタイムで働いてガッツリ稼ぎたいなら委託ドライバーを選ぶのがおすすめです。

あなたが希望する稼ぎ方は?おすすめ宅配業者3選
ガンガン働いて【年収700万円】以上稼ぎたい
副業で土日のみ働いて【小遣い稼ぎ】がしたい
馴染みある地方で【安定した収入】を得たい
あなたが希望する稼ぎ方は?おすすめ宅配業者3選
ガンガン働いて【年収700万円】以上稼ぎたい
副業で土日のみ働いて【小遣い稼ぎ】がしたい
馴染みある地方で【安定した収入】を得たい

ページの先頭へ