MENU
疾走︕委託ドライバー | 働く男のためのWEBマガジン » 他のドライバー職と委託ドライバーの仕事を比べてみました » Uber(ウーバー)ドライバー

Uber(ウーバー)ドライバー

2014年に日本にも上陸した、アプリを使った配車サービスUber(ウーバー)ですが、現状はどうなっているのでしょうか? 日本におけるUberの現状とUberを使った宅配サービスについて詳しく紹介します。

日本ではまだ法整備が整っていない

アメリカで誕生し、瞬く間に世界70カ国に広がったUber(ウーバー)は、2014年に日本にも上陸しました。しかしほかの国と比較すると、日本では法整備が進んでいません。このため、Uber本来の「一般ドライバーがアプリを通じて客を運ぶ」という形での配送は現在のところ実施されていません。既存のタクシー業者との連携によるハイヤー配送サービス「UberBlack」と、登録した飲食店の料理をオーダーに応じて配達する「Uber eats」を展開中です。

仕事内容

「UberBlack」と「Uber eats」が展開中です。「UberBlack」はタクシー会社と連携したハイヤー配送サービスのこと。UberBlackのドライバーになるには、連携のタクシー会社のドライバーになる必要があります。「Uber eats」は登録された飲食店の料理を配送するサービスです。アプリで「配達パートナー」に登録します。現在、 東京ほか全7都市が対象エリアです。

ウーバードライバーのメリットデメリット

メリット

登録が簡単

「Uber eats」の配達デリバリーの仕事をやりたいなら、スマートフォンアプリをダウンロードして、配達パートナーに登録すればOKです。履歴書の作成も面接もありません。また、商品の支払いはすべてアプリを通じて行われるため、配達パートナーは釣り銭を用意しなくても大丈夫です。配達の際の移動手段となる自動車やバイク、自転車があればすぐにでもはじめられます。

デメリット

あくまで業者の仲介サービスである

Uberは、「ドライバーと利用者との仲介をしている」という立場です。このため、ドライバー、飲食店、注文客のいずれであっても、サービス利用者は「問題が起きても自己責任」という点をしっかり認識しておく必要があります。たとえば「Uber eats」において、配達商品を破損・紛失した場合は、配達ドライバーに賠償責任が生じる可能性があります。

ドライバーの口コミ

現在、日本国内でUberBlackあるいはUberSuvのドライバーになるには二種免許の取得が必要となります。一方、Uber eatsの配達ドライバーは、活動エリアと時間帯を選べば効率よく仕事をすることが可能です。

慣れてくれば稼げるようになります

Uber eatsのドライバーをしていますが、最初からたっぷり稼げるというわけではありません。始めは仕事のコツを覚えるのに必死で、収入はそれなりです。そして徐々に慣れてきて、10日を過ぎたあたりから量産体制に入れるという感じですね。だから、最初のうちは我慢が必要です。

待機中の時間潰しが悩みどころ

ウーバードライバーをしていて大変だと思うのは、待機中の時間潰しですね。ゲームとか本とか、何か持って行かないと時間を持て余します。かといって、あまり重たい本を持っていくと負担にもなるし、その辺が悩みどころです。家が近いなら帰るのもいいですし、カフェに行くのもありでしょう。

稼ぐことより仕事に集中したほうがいい

アプリを通じて仕事が入るのは便利ですが、仕事ぶりに対して評価が付けられるので、緊張感もあります。大事なのは荒稼ぎするという意識ではなく、一つずつ丁寧に仕事することですね。そうすれば良い評価がもらえますし、仕事も増えていきます。

やりがいを感じています

まだ高校生ですが、ウーバーイーツで働いています。仕事は大変なこともありますが、自分はやりがいを感じています。配達するのが好きな人にはおすすめです。ただ高校生がウーバーイーツのドライバーになるためには、免許証など身分証明書が必要です。

休憩と空き時間が課題です

ウーバーイーツの仕事はとても楽しくてハマります。ただ最初のうちは、休憩時間や空き時間をどう過ごすかという点が課題になります。というのは、それなりに大きなカバンを携行するからです。カバンを持って入れる店とか、安全な置き場所など、普段から考えておく必要があります。

ガッチリ
稼ぎたいなら
アマゾン
フレックス

ガッチリ稼ぎながらプライベートも充実できる
理由
その1
自分が働きたい時間帯と仕事量を選ぶことができる
理由
その2
業務は配送のみ!
代引きなど付加業務はナシ

副業で小遣い
稼ぎしたいなら
タウン
サービス

土日のみ働ける
タウンサービスの魅力は?
理由
その1
時間帯や曜日など働く時間を自分で選べる
理由
その2
企業間配送なので
再配達が一切なし!

地元で安定収入を
得たいなら
ヤマトスタッフ
サプライ

業界最大手のヤマトは
なぜ地方に強いのか?
理由
その1
全国の各地域に
営業所を完備
理由
その2
宅配便配達個数は
業界最大クラス

ページの先頭へ