MENU
疾走︕委託ドライバー | 働く男のためのWEBマガジン » 運送業界の将来はどうなる?

運送業界の将来はどうなる?

運送業界は明るい?

これから運送業を行うことを考えている人やすでに運送業界にいる人が気になるのは、「運送業界」は今度どうなっていくかという点でしょう。運送業界は明るいのでしょうか?結論から言うと、運送業という仕事自体はまだまだ必要とされているため仕事がなくなったりすることはないでしょう。しかしながら、重い荷物を運んだり、長時間の運転が必要だったりと仕事環境は厳しい状態が続くものと考えられます。若手が入ってこないという現状や、自動運転が発展して仕事が取られてしまうのではといった懸念も運送業界の今後を危惧する要因の1つでしょう。

市場規模は?

運送業の市場規模はアマゾンや楽天市場などを筆頭としたネットショッピングの普及によって大きくなっています。但し、昔と比較すると個人宅への小さいアイテムの配送が増え、その分配達回数が増えているのが現状です。大きい拠点から大きい拠点への運送といった仕事はなくなっていませんが、個人宅への配送が増えているため、再配達などに取られる時間などを考えると長時間労働といった問題が顕著になっているのも否定できない事実です。最近では労働環境が見直され、女性ドライバーも増えており働きやすい状況へと変わってきてもいるようです。

自動運転で仕事がなくなる?

大手自動車会社が導入を検討している自動運転ですが、この技術によって運送業の仕事はなくなってしまうのでしょうか。結論から言うと、自動運転で運送業の仕事は完全になくなってしまうわけではありません。ネットショッピングの普及で仕事自体は増えており、なくなりません。自動運転によってハンドルを握る仕事は少なくなっても、人的な作業が必要な仕事はなくなりません。働き方のシフトはあっても運送業の仕事がなくなってしまうわけではなさそうです。日々進歩し続ける自動運転についての情報を仕入れ、どのような影響があるかを追い続けることが必要となってきます。

若い人が入らない

運送業の未来が暗いと思われてしまう要因の1つに若手不足という問題があります。労働環境が良くないというイメージが若手の参入を遠ざけており、長く続けている人にはシワ寄せがいっているのが現状です。長時間の運転や、下請けや孫請け制による賃金低下などの労働環境を1つ1つ改善していけば、若手や女性も入りやすい業界と変わり、運送業界の将来も今より明るくなるでしょう。まずは運送業のイメージを改善し、新規参入の障壁を下げることが第一歩となるでしょう。そういった日々の改善が結果的に制度の改善へと繋がっていきます。

ガッチリ
稼ぎたいなら
アマゾン
フレックス

ガッチリ稼ぎながらプライベートも充実できる
理由
その1
自分が働きたい時間帯と仕事量を選ぶことができる
理由
その2
業務は配送のみ!
代引きなど付加業務はナシ

副業で小遣い
稼ぎしたいなら
タウン
サービス

土日のみ働ける
タウンサービスの魅力は?
理由
その1
時間帯や曜日など働く時間を自分で選べる
理由
その2
企業間配送なので
再配達が一切なし!

地元で安定収入を
得たいなら
ヤマトスタッフ
サプライ

業界最大手のヤマトは
なぜ地方に強いのか?
理由
その1
全国の各地域に
営業所を完備
理由
その2
宅配便配達個数は
業界最大クラス

ページの先頭へ