MENU
疾走︕委託ドライバー | 働く男のためのWEBマガジン » 委託ドライバーなんでも質問室

委託ドライバーなんでも質問室

「委託ドライバー(配送ドライバー・宅配ドライバー)は具体的に何をする仕事?」「稼げるの?」など、気になる委託ドライバーの実態をQ&A方式でまとめています。

委託ドライバーの仕事はキツイが稼げる!

委託ドライバー業界はブラックだといわれていますが、それは一部の話。大半はまっとうに働いている人が多い業界です。確かに肉体労働でキツイこともありますが、そのぶん稼げる仕事であり、「いくら働いても給料は変わらない」ということはありません。

自分の目的にあった働き方もできるので、委託ドライバーになりたいと考えている人は、自分にはどのような働き方が向いているのかを一度考えてみましょう。

Q.委託ドライバーってどんな仕事?

A.依頼を受けて荷物を運ぶ仕事です。

最近よく聞く委託ドライバー。仕事内容は「荷物を運ぶ」ことくらいしか知らないという人もいるかもしれません。委託ドライバーは具体的にどんな仕事をしているのでしょうか。

Q.本当に儲かるの?

A.運べば運ぶほど儲かります。

委託ドライバーで一番気になるのが、やっぱり「本当に儲かるのか」というところ!広告では稼げる仕事だって大々的に載せているのを見るものの、それを信用しても良い?儲かる仕組みはどうなっているんだろう?そんな疑問にお答えしています。

Q.キツそうだけど…

A.稼ごうとすればするほど、肉体的にはハードに。

「儲かるってことは、それくらいハードな仕事では…」と想像する人もいるかもしれません。荷物を運ぶのは肉体労働だからキツイだろうし、朝から晩まで車に乗って配送するのは想像するだけで骨が折れそうです。実際のところはどうなんでしょうか?

Q.すぐに始めることできる?

A.最短で1日、最長で2週間ほどで始められます。

委託ドライバーは車さえあればすぐできるというイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。委託ドライバーになるには最短で1日、最長で2週間ほどかかります。2週間かかる理由は、荷物の受け取り方やルートの確認といった研修を受ける必要があるからです。

Q.開業資金はいくらぐらいかかる?

A.中には開業資金0円で始められるところも!

委託ドライバーは、すぐ始められる仕事の代表格。「すぐに独立するのなら、まとまった開業資金が必要なのでは?」と不安になるのは仕方のないこと。ですが、委託ドライバーを募集している会社の中には0円ですぐ始められるところもあります。

Q.別の仕事してるんだけど副業OK?

A.企業によってはNG。OKなところもありますが、そのぶん稼ぎは減ってしまいます。

「平日は別の仕事をしていて、土日だけ働きたい」。委託ドライバーならそんな働き方も実現可能。こちらでは、副業として委託ドライバーをするのが向いている人や注意点についてまとめています。

Q.再配達問題って何?

A.荷物を届けに行ってもおよそ2割が「再配達」になる問題のことです。

配達で困りそうなのが「再配達」の問題。全体のおよそ2割、なんと8億個もの荷物が再配達を食らっているそうです。再配達になるとスケジュールがズレてしまうし、ドライバーとしてもありがたくないこと。この問題を重く見た国土交通省が再配達を減らすために動き出しています。

Q.女性でもできる?

A.丁寧さが必要な女性に適したお仕事です。

配送ドライバーに多いクレームとして、次のようなものがあげられます。荷物の扱いが乱暴だった、ドライバーの言葉遣いや態度が乱暴だった、身だしなみへの配慮がなかった、などです。こういったクレームは、荷物とクライアントへの細やかな気遣いや丁寧な対応があれば避けられるので、女性に適した仕事だと言えます。

Q.求人はどこで探せばいいの?

A.委託ドライバーは直接雇用ではないので、ハローワークでは探せません。

求人サイトや情報誌で探しましょう。一口に求人サイト・求人誌といってもそれぞれ個性があります。掲載内容や申し込みの方法など、自分の好みに合った求人サイト・情報誌を見つけましょう。こちらでは検索数上位の5社と情報誌についてまとめました。

Q.軽貨物の内職商法ってなに?

A.仕事を斡旋するフリをして、実は車両販売が目的だと思われるやり方のことです。

委託ドライバー契約にかこつけて法外な加盟料を要求したり、提携店舗での車両購入を勧めたりした後ろくに仕事を回さないといった悪徳業者も存在し、ローンで苦しむ委託ドライバーも少なくありません。国民生活センターでも注意喚起を促しています。

Q.面接や説明会ではどんなことを聞けばいいの?

A.委託先と契約する前の面接で聞いておきたいことは主に3つ。仕事、報酬、契約内容です。

とくにどんなことに気を付けて聞いたほうがいいのか、委託先との面接時に知っておきたい項目やポイントをまとめています。また、面接時のマナーや服装についての注意点も解説しているので、面接前にチェックしてみてください。

Q.車は購入する必要があるの?

A.委託ドライバーが利用する軽貨物車両。必ず購入しなくてはならない訳ではありません。

委託ドライバーとして働くときに必要な軽貨物車両の種類や購入方法、リースや持ち込み車両について解説しています。持ち込み車両で営業する際の注意点についてもまとめたので参考にしてみてください。

Q.黒ナンバーって何?

A.営業車両に着けるナンバープレートで、黒が基調となっていることから通称「黒ナンバー」と言われています。

委託ドライバーは個人事業主として開業する人がほとんどでしょう。事業用車両として登録することで自動車重量税や軽自動車税が安くなり、登録するメリットは高いです。こちらでは必要な書類や費用、手続き方法についてお答えしています。

Q.配送マッチングサービスって何?

A.荷物を早く受け取りたい人とすぐに動けるドライバーをつなぐサービスです。

荷主と配送業者をマッチングさせる配送マッチングサービスがいま注目されています。配送業者では委託ドライバーを常時募集しており、荷物を発送したい多くのお客様をカバーできる様マッチングサービスのアプリを提供しています。

委託ドライバーの仕事は好きな時に自由に働けるのが魅力。ここではどの配送マッチングサービスを提供しているハコベルとPickGoの二社のサービスや委託ドライバーについてご紹介してます。

Q.配送中はユニフォームを着る必要があるの?

A.会社によって異なります。

委託ドライバーも元会社の社員と同じユニフォーム着用を義務付けている会社もあれば、私服でOKとしている会社もあるのが現状です。

ユニフォーム着用のメリットや委託契約時のユニフォーム代に関する注意点、ユニフォームなしの場合の服装などを詳しく説明しています。

Q.委託ドライバーによくあるトラブルってどんなもの?

A.委託ドライバーによくあるトラブルにはお客様への対応、品物の破損・汚損、配送ミス・遅延などです。

委託ドライバーのどんな行為がトラブルに繋がるのかを3つに分けて事例をあげ解説しています。

また、どの様なことに注意すればトラブルが避けられるのか回避法・対処法についてもまとめましたので参考にしてください。

Q.どんな免許が必要なの?

A.基本的には普通自動車運転免許でOKです。

委託ドライバーが運転する車は軽貨物トラックがほとんどです。軽貨物トラックは普通免許で運転できます。ただ企業によっては「AT車限定不可」としているところもあるので、AT車限定の普通免許を取得している方はそこでは働けない場合もあります。

Q.委託ドライバーになるのに年齢は関係あるの?

A.基本的にはありません。

委託ドライバーは個人事業主です。運送会社から荷物の配送の依頼を受け、運送会社に代わり、荷物を各家庭に配送する仕事です。運送会社に就職するには年齢制限があるかも知れませんが、就職ではなく、企業と企業との業務委託契約となるため、年齢に関わらず委託ドライバーになることができます。

Q.Amazon配送を請け負う際に注意すべきトラブルや問題点は?

A.Amazon配送の問題点や注意点を事前に知っておくことが、トラブル防止に不可欠です!

Amazonでは、地域の委託ドライバーなどを使って独自の配送チーム「デリバリープロバイダ」を構成していますが、トラブルの報告が相次いでいます。どのようなトラブルが発生しているか、充分に把握して予防対策を考えていきましょう。

Q.ラストワンマイルって何?

A.厳密には「最後のひと手間」のことです。

ラストワンマイルとは、簡単に言えば「最後のひと手間」という意味。物流業界で言えば「最後の営業所から荷受人の家に届ける工程」という意味になりますが、近年では「配送にかかわるすべての工程」を指して使われている言葉のようです。2018年4月、配送業務の根本的な効率化を目指し、運送会社23社がラストワンマイル協同組合を発足。国内の物流業界が大きく動き出しました。

あなたが希望する稼ぎ方は?おすすめ宅配業者3選
ガンガン働いて【年収700万円】以上稼ぎたい
副業で土日のみ働いて【小遣い稼ぎ】がしたい
馴染みある地方で【安定した収入】を得たい
あなたが希望する稼ぎ方は?おすすめ宅配業者3選
ガンガン働いて【年収700万円】以上稼ぎたい
副業で土日のみ働いて【小遣い稼ぎ】がしたい
馴染みある地方で【安定した収入】を得たい

ページの先頭へ