MENU
疾走︕委託ドライバー | 働く男のためのWEBマガジン » 委託ドライバーなんでも質問室 » 軽貨物ドライバーで稼いでいる人はこんな人!

軽貨物ドライバーで稼いでいる人はこんな人!

軽貨物ドライバー稼げる!本当か?!

最近注目されている脱サラ開業のありかたとして軽貨物ドライバーがあります。車両さえ用意すれば、大手輸送会社やマッチングサイトと契約したり、自分1人の力で営業したりして、その日から一国一城の主として働ける!しかし、現実を見ると、バリバリ稼いでいる人もいる一方で、生活水準ギリギリな人もいるようです。ここでは、その成功と失敗のパターンを調べてみました。

軽貨物ドライバーはどれぐらい稼げる?ときには年商1,000万円超えも?

実際のところ、軽貨物ドライバーというのは、どれぐらい稼げるものでしょうか? 開業支援のポータルサイトなどを見ると、年収1,000万円以上とか月50~70万円という景気のいい話もよく見ます。しかし大切なことは、これらは「売上げ」の数字であって、こちらから「経費」が引かれて、はじめて「収入」(粗利)になるということです。

一例を挙げれば、長距離定期便深夜運行の場合には、1日の委託料は35,000円程度が相場と言われます。これで月25日働けば、875,000円。1年でちょうど1,000万円ぐらいになる計算です。しかし、ここから高速代とガソリン代を差し引くと、1日に20,000円残ればいい方だといいます。高速代からETC割引がなくなって、さらにきびしくなったという声もあります。

精一杯にがんばって、月50万円というのが、軽貨物ドライバーにとって、ちょうどよい目標ではないでしょうか?

月50万円稼げる人はこんな人?!

それでは、実際にバリバリと稼いで、月50万円の粗利を稼いでいる人はどんな働き方をしているのでしょうか?話を聞いてみると、意外なことに仕事の鬼ではなく、むしろマイペース型の方がいい結果を残しているようです。

軽貨物ドライバーの仕事はあくまでもサービス業です。お客様をはじめとする「人との接触」も多くなります。そうしたときに「必死の形相」「不眠不休」で仕事しているドライバーに会っても、どこか不安になってしまうといいます。

肉体的な負担も少なくないのが軽貨物ドライバーの仕事です。一時の収入源のために、寝る間も削って働くというのでは、やがて健康を害することになり、長期間安定した収入を得るのも困難になります。

三食をきちっととって、家に帰ってからのアルコールもほどほどに、睡眠はきっちり決まった時間にとる、という人が結果として稼いでいるように思われます。

「感じがいい」「人あたりがいい」もだいじなポイント!

軽貨物ドライバーとして成功している人たちが口をそろえて言うのは「この仕事は接客業である」ということです。個人宅も含めて、たくさんの人々と会って、毎日数え切れないほどのあいさつをして、打ち合わせをする、一つひとつの瞬間にどれだけ好感を与えることができるかが「勝負」だと言われます。実際に高収入を挙げている人を見ると、出会ったときの第一印象で「感じがいい」「人あたりがいい」という人が本当に多いようです。好印象を与え、気持ちのよい対応がバリバリ稼げる大切なポイントといえそうです。

軽貨物ドライバーで稼げる人のポイント

マイペースな人

教わった通りの事をこなしていくほうがやりやすい人というのは、イレギュラーに弱いこともあります。日によって荷物の量や天候、交通事情などが違う以上、不測の事態が起こるであろうドライバーは合わないかもしれません。

逆に、常にどうやったら上手くいくのかを考え、色々チャレンジしてみる人はドライバーに向いていると言えるでしょう。その日の状況に合わせて動き、不測の事態にも対応できる力があるとより良いでしょう。

マイペースな人の基本的概念は、他人の目をあまり気にしません。黙々とやる人もいれば、朝のんびりやってきて鬼のように働く人もい、ます。昼休憩を長くとりたいからさっさと仕事を片付けてしまう人もいれば、朝早く来て綿密な計画を立てて早上がりする人などさまざまです。

臨機応変に動くための力は経験によるものもあるので、実際に働いてみないと合う合わないが分からない部分もあります。未経験であれば、サポートの厚い業者を選ぶのがおすすめです。

コミュニケーション能力が高い

コミュニケーション能力が高くて損する事はまずありません。コミュニケーションがとれる人は、お客さんと仲良くなったり、留守の時には上手く交渉して完了個数を増やしたりしています。再配達ほど面倒な事はないので、ここが上手くできるか否かで仕事の能率は変わるはずです。

お客さんと仲良くなることで様々な縁に巡り合えますし、何かあった際に相談もしやすくなるでしょう。取引先と良好な関係を結べていたら、良い案件を流してもらえるかもしれません。同じ業者さんとも友好的にすることで、助け合うこともできます。

ただ、コミュニケーション能力が低いと仕事ができないというワケでもありません。それこそ一匹狼で黙々とこなし、終わったらサッサと帰る人もいるので、一概に「コミュニケーション能力がなければ務まらない」とは言えないでしょう。コミュニケーション能力が高ければ有利に働きやすいですが、本質は担当するエリアをどう克服するかも配達のキモになります。

目的がある人

モチベーションが高い人に多いのが既婚者の方で、特にお子さんがおられる方は意識が高い傾向にあります。家族の生活がかかっている以上、稼ぐため意欲的に行動するのでしょう。ドライバーに限らず、行動力があることは評価にもつながります。

既婚者でなくとも、夢や目的があればよりそれに向かって努力はするはずです。単にお金が欲しいという目的だったとしても、何のためにお金が必要なのかまで落とし込むことで、どうすれば稼げるかも見えてくるでしょう。

そうすると「一つでも多く配達してやろう」というストイックさが出てくるので、自然と結果に繋がりやすくます。

軽貨物ドライバーで稼ぎにくい人のポイント

計画を立てるのが苦手

軽貨物は個人事業なので、ドライバーは社長となります。売り上げが高い低いは、全て社長の手腕一つにかかってきます。常にどうやったら売り上げを伸ばすことができるのかを考えなければなりません。緻密な戦術と戦略があって、事業計画がなければ成り立たないのです。どのようにするか考えるのが苦手という方には、向いていないかもしれません。

どんな事業でも、立ち上げてすぐ軌道に乗るというのはほとんどないでしょう。あぁでもない、こうでもないと失敗を繰り返し、そのたびに改善していき、前向きにコツコツと取り組んでいくことが大切です。

時間への意識が低い

のんびり働こうと思っている人と、早く終わらせて帰ろうと思っている人とでは、同じ一時間でも作業能率が違います。成功している人は、1時間当たりの生産性を考えたり、終了時間の目標を決めたりなど、時間に対する意識を持っているのが特徴です。これはドライバーだけの話に限らず、他の仕事にも共通して言えます。

時間内にどう効率的に動くのか、具体的に計画を立てなければ、余計な時間をかけてしまうことになるでしょう。

あなたが希望する稼ぎ方は?おすすめ宅配業者3選
ガンガン働いて【年収700万円】以上稼ぎたい
副業で土日のみ働いて【小遣い稼ぎ】がしたい
馴染みある地方で【安定した収入】を得たい
あなたが希望する稼ぎ方は?おすすめ宅配業者3選
ガンガン働いて【年収700万円】以上稼ぎたい
副業で土日のみ働いて【小遣い稼ぎ】がしたい
馴染みある地方で【安定した収入】を得たい

ページの先頭へ