MENU
疾走︕委託ドライバー | 働く男のためのWEBマガジン » 委託ドライバーなんでも質問室 » 軽貨物ドライバーで稼いでいる人はこんな人!

軽貨物ドライバーで稼いでいる人はこんな人!

軽貨物ドライバー稼げる!本当か?!

最近注目されている脱サラ開業のありかたとして軽貨物ドライバーがあります。車両さえ用意すれば、大手輸送会社やマッチングサイトと契約したり、自分1人の力で営業したりして、その日から一国一城の主として働ける!しかし、現実を見ると、バリバリ稼いでいる人もいる一方で、生活水準ギリギリな人もいるようです。ここでは、その成功と失敗のパターンを調べてみました。

軽貨物ドライバーはどれぐらい稼げる?ときには年商1,000万円超えも?

実際のところ、軽貨物ドライバーというのは、どれぐらい稼げるものでしょうか? 開業支援のポータルサイトなどを見ると、年収1,000万円以上とか月50~70万円という景気のいい話もよく見ます。しかし大切なことは、これらは「売上げ」の数字であって、こちらから「経費」が引かれて、はじめて「収入」(粗利)になるということです。

一例を挙げれば、長距離定期便深夜運行の場合には、1日の委託料は35,000円程度が相場と言われます。これで月25日働けば、875,000円。1年でちょうど1,000万円ぐらいになる計算です。しかし、ここから高速代とガソリン代を差し引くと、1日に20,000円残ればいい方だといいます。高速代からETC割引がなくなって、さらにきびしくなったという声もあります。

精一杯にがんばって、月50万円というのが、軽貨物ドライバーにとって、ちょうどよい目標ではないでしょうか?

月50万円稼げる人はこんな人?!

それでは、実際にバリバリと稼いで、月50万円の粗利を稼いでいる人はどんな働き方をしているのでしょうか?話を聞いてみると、意外なことに仕事の鬼ではなく、むしろマイペース型の方がいい結果を残しているようです。

軽貨物ドライバーの仕事はあくまでもサービス業です。お客様をはじめとする「人との接触」も多くなります。そうしたときに「必死の形相」「不眠不休」で仕事しているドライバーに会っても、どこか不安になってしまうといいます。

肉体的な負担も少なくないのが軽貨物ドライバーの仕事です。一時の収入源のために、寝る間も削って働くというのでは、やがて健康を害することになり、長期間安定した収入を得るのも困難になります。

三食をきちっととって、家に帰ってからのアルコールもほどほどに、睡眠はきっちり決まった時間にとる、という人が結果として稼いでいるように思われます。

「感じがいい」「人あたりがいい」もだいじなポイント!

軽貨物ドライバーとして成功している人たちが口をそろえて言うのは「この仕事は接客業である」ということです。個人宅も含めて、たくさんの人々と会って、毎日数え切れないほどのあいさつをして、打ち合わせをする、一つひとつの瞬間にどれだけ好感を与えることができるかが「勝負」だと言われます。実際に高収入を挙げている人を見ると、出会ったときの第一印象で「感じがいい」「人あたりがいい」という人が本当に多いようです。好印象を与え、気持ちのよい対応がバリバリ稼げる大切なポイントといえそうです。

あなたが希望する稼ぎ方は?おすすめ宅配業者3選
ガンガン働いて【年収700万円】以上稼ぎたい
副業で土日のみ働いて【小遣い稼ぎ】がしたい
馴染みある地方で【安定した収入】を得たい
あなたが希望する稼ぎ方は?おすすめ宅配業者3選
ガンガン働いて【年収700万円】以上稼ぎたい
副業で土日のみ働いて【小遣い稼ぎ】がしたい
馴染みある地方で【安定した収入】を得たい

ページの先頭へ