MENU
疾走︕委託ドライバー | 働く男のためのWEBマガジン » 委託ドライバーなんでも質問室 » どんな免許が必要なの?

どんな免許が必要なの?

免許

ここでは委託ドライバーとして働く場合に必要とされる免許について解説しています。

ここでは委託ドライバーとして働く場合に必要とされる免許について解説しています。

基本的に軽貨物トラックを運転する委託ドライバーは普通自動車運転免許だけでOK

ドライバーとして働くとなると、採用条件が中型や大型の免許やけん引免許が必要、仕事内容によってはフォークリフト運転技能者や危険物取扱者などの免許が必要という会社も少なくありません。そのため、委託ドライバーも特殊な免許が必要になるのでは、と思う方もいるのではないでしょうか。

ですが、委託ドライバーは、ほとんどの会社で必要な免許は「普通自動車運転免許のみ」とされています。

委託ドライバーをする際に使用する車両は基本的に軽貨物トラックです。車の免許に関してあまり詳しくない方は「貨物トラックなのだから、普通免許では運転できないのでは?」と思うかもしれません。

ですが、軽貨物トラックは普通免許でも問題なく運転可能です。普通免許を取得していれば、平成29年3月12日以降に免許を取得した方でも小型トラック(車両総重量3.5トン未満、最大積載量2.0トン未満)までなら運転可能です。

ちなみに平成19年6月1日までに取得している方は中型トラック(車両総重量8トン未満、最大積載量5トン未満)まで運転できます。

軽貨物トラックと聞くと堅苦しく感じますが、俗にいう“軽トラ”と同じですから普通免許でOKです。

AT限定不可の会社もあるが実際は多くの会社でAT車限定OKとなっている

ただし、厳密に言えば普通免許を持っていれば誰でも委託ドライバーになれるのか、というとそうではありません。

近年は日常的に乗る普通自動車はAT車がほとんどになってきています。そのため、自動車免許を取得する際に「AT車限定」で取得する方も増えてきています。

AT車限定ならMT免許よりも安く取れますし、そもそも普通自動車でMT車は「走り屋」が好んで乗るので、そうでない方はAT車限定でも不便ではないからです。

ただ、委託ドライバーとして働く場合、委託する会社によっては“AT車限定不可”としているところもあるので、そこでは働けません。とはいえ、実際は多くの会社で“AT車限定OK”としているので、そこまで心配する必要はないでしょう。

軽貨物トラックの運転にはある程度慣れが必要

普通免許で運転可能とはいっても、軽貨物トラックを運転したことがない人もたくさんいます。運送業で働いたことがない方、委託ドライバーとしての経験もない方は、ほとんどの方がそうでしょう。そのため運転経験がないとできないと思う人もいます。

確かに車のサイズはそれほど変わらなくても、軽貨物トラックは俗にいう“軽トラ”とはちょっと違って、ホロやボックスになっているのでバックミラーで後ろを見ることはできません。また、座席を後ろに下げられないため、身体が大きい方や、普段車に乗る時に座席を下げている方は、運転しづらく感じることもあるようです。

そのため、ある程度は慣れが必要です。ただ基本的には軽自動車ですから、コンパクトで運転しやすいですし、目線も高いので周囲も見やすいでしょう。少し運転すれば問題なく慣れます。

運転が不安な人はバックアップシステムがある会社を選ぶ

委託ドライバーを募集している会社によっては、軽貨物トラックの運転が慣れていない方、委託ドライバー経験がない方へのバックアップシステムもあります。実際に働く前に講習や同乗研修を受けられるので、運転に不安がある方でも安心です。運転が不安な方はそういったバックアップ体制が整っている会社を選ぶといいでしょう。

あなたが希望する稼ぎ方は?おすすめ宅配業者3選
ガンガン働いて【年収700万円】以上稼ぎたい
副業で土日のみ働いて【小遣い稼ぎ】がしたい
馴染みある地方で【安定した収入】を得たい
あなたが希望する稼ぎ方は?おすすめ宅配業者3選
ガンガン働いて【年収700万円】以上稼ぎたい
副業で土日のみ働いて【小遣い稼ぎ】がしたい
馴染みある地方で【安定した収入】を得たい

ページの先頭へ