MENU
疾走︕委託ドライバー | 働く男のためのWEBマガジン » 委託ドライバーなんでも質問室 » 委託ドライバーに必要な黒ナンバーとは?

委託ドライバーに必要な黒ナンバーとは?

事業ナンバー(黒ナンバー)を取得するには?

委託ドライバーを始めるなら必ず準備しておかなければならない配送用車両です。車の準備ができたら、次に運送事業に使用する専用の「事業ナンバー(黒ナンバー)」を取得する必要があります。

黒ナンバーとは、事業用の軽自動車につけるナンバープレートで、黒色のプレートに黄色でナンバーが記されたもの。事業用で登録された軽自動車は、配送業に使用する「事業用軽貨物車」として扱われ、自動車重量税や軽自動車税などの税金が安くなるメリットがあります。

取得方法は意外と簡です。以下で詳しく解説しますので、手続きの際の参考にして黒ナンバーを取得しましょう。

事業ナンバー(黒ナンバー)の取得方法

黒ナンバーを取得するには、まず各都道府県の陸運支局へ貨物の配送業を行う届け出を行います。 新しく軽貨物運送事業をはじめる場合、提出する書類は以下のとおりです。

  • 貨物軽自動車運送事業経営届出書
  • 運賃料金設定届出書
  • 運賃料金表
  • 事業用自動車等連絡書

書類の様式は、陸運支局の貨物担当窓口か陸運局のホームページで入手できます。

提出時に記入する内容は、氏名や住所、使用する車の情報などでそんなに難しくありません。管轄する地方運輸局によって多少様式に違いがあるので、確認して準備しましょう。不備がなければすぐに受理されますので、受領印が押された事業用自動車連絡書を受け取ります。

次に、陸運支局で受け取った連絡票を持って軽自動車検査協会へ行きましょう。所定の用紙に提出すると、車検証とともに黒ナンバーを発行してもらえます。

手続きには何が必要?

届出書や所定の用紙以外に、手続きに必要な書類には次のようなものがあります。

各都道府県の陸運支局

  • 車検証のコピー
  • 印鑑証明
  • 印鑑証明に登録している印鑑

軽自動車検査協会

  • 運支局で受け取った事業用自動車連絡書
  • 住民票か印鑑証明
  • 印鑑証明に登録している印鑑

各市町村の窓口で印鑑証明等を準備する必要はありますが、取得に時間のかかるものはないようです。 事前に陸運支局のホームページで届出書などを入手している場合は、忘れずに持参しましょう。

取得にかかる費用はどのくらい?

黒ナンバーの届け出には、大きな費用はかかりません。 ナンバープレートの交付を受けるときに1,500円程度、印鑑証明などの証明書の取得に500円程度必要となりますので、だいたい2,000円程度かかると考えておきましょう。

ガッチリ
稼ぎたいなら
アマゾン
フレックス

ガッチリ稼ぎながらプライベートも充実できる
理由
その1
自分が働きたい時間帯と仕事量を選ぶことができる
理由
その2
業務は配送のみ!
代引きなど付加業務はナシ

副業で小遣い
稼ぎしたいなら
タウン
サービス

土日のみ働ける
タウンサービスの魅力は?
理由
その1
時間帯や曜日など働く時間を自分で選べる
理由
その2
企業間配送なので
再配達が一切なし!

地元で安定収入を
得たいなら
ヤマトスタッフ
サプライ

業界最大手のヤマトは
なぜ地方に強いのか?
理由
その1
全国の各地域に
営業所を完備
理由
その2
宅配便配達個数は
業界最大クラス

ページの先頭へ