MENU
疾走︕委託ドライバー | 働く男のためのWEBマガジン » 委託ドライバーなんでも質問室 » 委託ドライバーにはピンハネがつきもの?

委託ドライバーにはピンハネがつきもの?

委託ドライバーとして開業することを検討する際に脳裏をよぎるのが、契約先の企業によるピンハネの不安。今回は、業界で発生しがちなピンハネの事例や、安心できる企業選びのポイントについて紹介します。

そもそも「ピンハネ」とはなにか

ピンハネとは、本来他人の手に渡るべき資金などを、不当に自分の懐に収めることを指す言葉です。

ピンハネ=他人の稼ぎの上前をはねる行為は、法律でも禁じられています。しかし、事前に契約書等で徴収する金額を明記して同意を得ている場合などは、違法であるとはされません。

つまり、争点となるのは「不当であるかどうか」。単に報酬の一部を徴収されているというだけでは、必ずしも違法性があるとは言いきれないため注意が必要です。

よくあるピンハネの事例

単価が安すぎる

荷物の単価=配送1件あたりの報酬を不当に安く設定し、そのぶん企業側が利益を得るケースです。

一般的に、軽貨物1点あたりの単価の相場は、130~200円程度だとされています。単価が極端に安い場合は、ピンハネされている恐れが。

仮に単価が150円の荷物を1日につき100個配送し、それを月に20日間繰り返したとすると、月に30万円の収入を得ることができます。しかし、単価が110円に減少すると、同じように働いても月収は22万円に下がり、8万円もの差がつくことに。これでは、たくさん働いてもなかなか収入を伸ばすことができません。

手数料を水増しする

「ピンハネとはなにか」の項目でも述べたとおり、手数料を徴収すること自体は必ずしも違法ではありません。たとえば、営業や事務作業といったドライバー側にも利益のある業務の対価として売上の数%を徴収し、かつその旨が契約書にきちんと記載されている場合は、不当であるとは言えないでしょう。

一方で、悪質な業者の場合は、機器の利用料などと銘打って、毎月一定の金額を不当に徴収するケースもあります。「登録料・手数料0円との記載に安心していたら、無線機器の使用料として毎月数万円もの金額が引かれていた」「各種保険料として毎月一定金額を支払っていたが、実は実態のない架空の保険が含まれていた」という事例も。

稼げない委託ドライバーたち

委託ドライバー=個人事業主として働く場合、ガソリン代や車のメンテナンス費用、駐車場代、車両保険料といった仕事に必要な出費は、すべて自分で負担する必要があります。

出費の総額は車検の有無やガソリンの価格変動などによって上下するため一概には言えませんが、月に10万円、年間にして120万円程度はかかると見積っておくのが無難。

そして、言うまでもなく、生活していくためにもお金は必要です。住んでいる地域にもよりますが、ある程度ゆとりのある暮らしを送りながら経費を支払うためには、一人暮らしの場合でも月に30万円程度は稼ぐ必要があるでしょう。

しかし、企業によるピンハネが行われていると、ドライバーは働いても働いてもなかなか十分な金額を稼ぐことができません。さらに、個人事業主である委託ドライバーには有給休暇なども存在しないため、満足のいく収入を得るためにはプライベートを犠牲にして働くしかないということに。

企業選びは慎重に

不当なピンハネから身を守るためには、なによりも契約先の企業選びが重要です。次のようなポイントに注意して、安心して契約できる会社を見極めましょう。

手数料が不当でないか

契約にあたって何らかの手数料が必要となる際は、それが妥当な金額であるかどうかをよく考えましょう。

きちんと収入が得られるか

手数料が高い=悪徳企業ではありません。手数料のパーセンテージが高くても、それを補って余りあるだけの収入があれば問題ないからです。いくら手数料が格安でも、手元に残るお金が少なければ結局生活は困窮してしまいます。

契約書を読み込む

面倒でも、契約書にはきちんと目を通しましょう。理不尽な内容を見落としたまま安易にサインをすると、「条件に同意した」と見なされてしまいます。

とくに、「契約書がない」「契約書に記載されていないことを、口頭説明のみで済ませようとする」といった企業には要注意。後になって「言った・言わない」の水掛け論に陥るのを防ぐため、契約についての説明を録音しておくのも有効です。

ガッチリ
稼ぎたいなら
アマゾン
フレックス

ガッチリ稼ぎながらプライベートも充実できる
理由
その1
自分が働きたい時間帯と仕事量を選ぶことができる
理由
その2
業務は配送のみ!
代引きなど付加業務はナシ

副業で小遣い
稼ぎしたいなら
タウン
サービス

土日のみ働ける
タウンサービスの魅力は?
理由
その1
時間帯や曜日など働く時間を自分で選べる
理由
その2
企業間配送なので
再配達が一切なし!

地元で安定収入を
得たいなら
ヤマトスタッフ
サプライ

業界最大手のヤマトは
なぜ地方に強いのか?
理由
その1
全国の各地域に
営業所を完備
理由
その2
宅配便配達個数は
業界最大クラス

ページの先頭へ