MENU
疾走︕委託ドライバー | 働く男のためのWEBマガジン » 委託ドライバーなんでも質問室 » キツそうだけど…?

キツそうだけど…?

委託ドライバー(配送ドライバー・宅配ドライバー)と聞くと、第一に「キツそう…」って考えるのではないでしょうか?ここでは、委託ドライバーの仕事内容についてまとめてみました。

委託ドライバーの仕事は正直ハード

委託ドライバーは稼げる一方で、仕事内容はハードになっています。そのため、離職率が高くなっているのが現状。委託ドライバーがキツイと感じるのは、以下の通りです。

体がついていかない

委託ドライバーが辞めたいと思う理由で多いのが、体力がついていかないこと。比較的軽い荷物がほとんどですが、車の運転をし続けなくてはならず、また個数をこなすため、どうしても体力的なキツさを感じるようです。

逆に言えば体力に自信がある方に向いているといえます。また、土地感やヘビーユーザーのお客様の特性などを掴むと、楽になってくるそうです。

休みが少ない

業務内容によって異なりますが、個人宅へ宅配をする場合は、休日も稼働していることが多く週末休めないことも。そもそも休日そのものが少ないとのこと。ただ、あくまでも自ら独立開業しているので、最終的な休む・休まないの判断は自分が決断することになります。

拘束時間が長い

委託ドライバーは個人事業主となるため、拘束時間が長くなるのが特徴です。効率的に配送をしないと個数をこなせないため、給料が低くなってしまいます。時給に換算したときに、割りに合わないと感じることがあるそうです。

給料をガッツリ稼ぎたい方は、配送単価の高い企業と契約を結ぶと良いでしょう。

年齢を重ねると身体的にきつい

ドライバーは長時間運転をして荷物を運ぶ仕事が中心のため、体に身体に負担のかかる肉体労働といえるでしょう。そのため、若い時なら何でもなかった仕事でも、高齢になってくると疲労や慢性的な痛みなどで身体的・体力的にきつくなります。実際、高齢のドライバーからは「腰が痛い」「寝ても疲れが取れない」という体の悩みが多いようです。

最近では便利な快適グッズが販売されていたり、トラックの移住空間も昔より居心地が良くなったりと、ドライバーへの体の負担が軽減されやすい傾向になってきています。年齢を重ねた人はドライバーではなく、運行管理者として管理業務に携わることも多くなっているのが現状です。高齢になった際はトラックに乗務するよりも、身体的な負担の少ない仕事に移るのも選択肢の1つとなります。

体調管理が難しくなる

ドライバーの中でも深夜便や早朝便、長距離ドライバーなどの場合は、業務時間がバラバラで生活が不規則になりがちです。年齢を重ねると身体的に厳しくなりますが、若い人でも不規則な生活によって体調を崩す場合があります。中には仕事量が多すぎたり、拘束時間が長かったりする会社もあるでしょう。

自分に合った業務時間で働く、休日や休憩をしっかりと確保できる環境を選ぶなどの対応は必要です。

天候に影響を受ける

ドライバーの仕事は大雨や台風、雪など悪天候の影響を受けやすい仕事です。路面の状態によって渋滞が発生したり、配達経路が通行できなくなったりして配送時間が普段よりも長くかかってしまう場合があります。

荷物の積み下ろしも通常通りにはいかなくなることもありますし、それを考慮したうえで時間配分をしなければいけません。天候による影響は避けては通れないということは、頭に入れておく必要があるでしょう。

体力的に自信があるならおすすめ

委託ドライバーは確かにハードな仕事ではありますが、ひたすら荷物を運ぶだけなので余計なことは一切考えなくて済むのが魅力!体力に自信があって、稼ぎたいと思うのであればおすすめです。

委託ドライバーのメリット

委託ドライバーの仕事は一見きつい仕事というイメージがあるかもしれませんが、他の仕事では経験することのできないメリットを得られる仕事でもあります。委託ドライバーの仕事のメリットにはどのようなものがあるのか、具体的に見ていきましょう。

道に詳しくなる

委託ドライバーは仕事で色々な場所へ移動するため、当然のことながら道に詳しくなります。自分の住んでいる地域以外の道に詳しくなり、渋滞しやすい道や一方通行を避ける方法を自然に身につけられるのがメリットです。仕事以外のプライベートで、車で移動する場合に役立てられるでしょう。

単独で仕事できる

一般の会社ではオフィスの中に上司や同僚と過ごす時間も長く、共同で仕事をすることも多いかと思います。すると人との関わりの中でどうしてもストレスが生じ、場合によっては人間関係も上手くいかなくなることがあるかもしれません。

ドライバーは基本的に単独で車を運転し、指定された場所へ貨物を届けることがメインの仕事です。1日のほとんどを1人で過ごすのため人間関係のストレスを受けにくく、トラブルが少ないことがメリットに挙げられます。大人数とコミュニケーションを取ることが苦手、1人で黙々と仕事をこなしたいと思う人にとって、ドライバーは働きやすい環境であるといえるでしょう。

運転スキルが向上する

ドライバーは業務の大部分が車の運転であるため、自然と運転技術が向上していくのもポイントです。子供が多い地域や死角になりやすい場所などを意識して運転をする安全確認が習慣化されます。自分が事故を起こすリスクについて防止する意識を身に付けられるのは、メリットになるはずです。

また、長時間運転をするため、長距離運転にも慣れることができます。日本では自動車普及率が高く、仕事以外の時間でも運転する機会が多いため、運転スキルを身につけておいて損はないでしょう。

未経験者でも仕事を始めやすい

委託ドライバーの場合、基本的に普通免許を持っていれば仕事ができるため、未経験者でも仕事を始めやすいのがメリットです。仕事を始める敷居が比較的低く、別の仕事から転職をしてくる未経験者も大勢います。トラック業界は人手不足といわれており、40代や50代で未経験者でも歓迎している会社も少なくないことから、今後も需要が増えていくと考えられるでしょう。

色々な地域に行くことができる

ドライバーは配送するエリアにもよりますが、普段は足を踏み入れないような土地も回ることがあります。もし委託ドライバーから長距離トラックのドライバーに転職することになれば、より多くの都道府県を回れるでしょう。行く先々では休憩時間などを利用し、その地域の有名な飲食店に寄ったり、地元の名所を見たりすることも可能なので、普段は訪れないような地域の食事や文化を楽しめます。

仕事とはいえ車で走りながらその地域の景色を眺めることもできるので、ちょっとした旅行気分を味わうことができるのもドライバーの醍醐味です。土地勘を覚えることで、効率的に配送できるようになるのもメリットの1つと言えます。

委託ドライバーは面倒な人付き合いが少ない!

企業に属さず自分のペースで働ける

企業と業務委託を結んで配送する仕事のため、会社という組織に属しません。周りのことを考えず、自分のペースで仕事をできます!会社にはさまざまなルールやしがらみがあるため、自分がやりたいように仕事ができないことがほとんど。

また企業の中には給料をできるだけ抑えたいと考え、あの手この手を使ってサービス残業をさせるところも。ただし、個人事業主となって自分ひとりで仕事をすれば、やった分だけ給料を手に入れることが可能です!

あなたが希望する稼ぎ方は?おすすめ宅配業者3選
ガンガン働いて【年収700万円】以上稼ぎたい
副業で土日のみ働いて【小遣い稼ぎ】がしたい
馴染みある地方で【安定した収入】を得たい
あなたが希望する稼ぎ方は?おすすめ宅配業者3選
ガンガン働いて【年収700万円】以上稼ぎたい
副業で土日のみ働いて【小遣い稼ぎ】がしたい
馴染みある地方で【安定した収入】を得たい

ページの先頭へ