MENU
疾走︕委託ドライバー | 働く男のためのWEBマガジン » 委託ドライバーベテランへの道

委託ドライバーベテランへの道

委託ドライバーとしてより成長していくためには、車のメンテナンスや配送の効率化、いざというときのための心構えをしっかりしておくことなどが大切です。このページでは、配送のプロフェッショナルとして大きな活躍ができるようになるためのコツについてご紹介します。

車のメンテナンスを怠るなかれ

委託ドライバーにとって、車は何よりも大切な商売道具です。「仕事中に急なトラブルで車が動かなくなった!」ということにならないように、日頃からメンテナンスをしっかりしておく必要があるでしょう。エンジンオイルの状態やタイヤの空気圧、摩耗状況、バッテリーの状態などに加えて、ワイパーやウォッシャー液にも気を配るようにしてください。トラブルが起こってから対処するのではなく、トラブルを起こさないようにすることが大切です。

配送を効率化するコツ

1個あたりの単価で仕事をする委託ドライバーにとって、配送の効率化は収入アップに直結することです。配達の仕方や積み込みの仕方を工夫して、より効率よく荷物を配送できるようにしましょう。そうすれば、1日で稼げる額を大きくアップさせることも可能です。委託ドライバーが効率よく仕事をするポイントは、仕事の流れを覚えることと、ルートや荷物の積み込み方法について工夫すること。担当エリアと荷物に詳しくなることが、作業効率アップにつながります。

スマホと地図はドライバーの必須アイテム

委託ドライバーにとって、担当エリア内の地図や交通ルールを熟知しておくことはとても大切。効率のいい回り方まで考えながら配送ができるようになれば、配送効率を大きくあげることもできるでしょう。そのために役立つのが、地図とアプリです。大きな紙面でエリアを確認することができる地図と、リアルタイムで情報がアップデートされてルート検索もできる地図アプリを使いこなして、より素早い配送を目指しましょう。

委託ドライバーにとってナビは必要か?

初めてのエリアへ行くこともある委託ドライバー(宅配ドライバー)にとって、最適なルートで配送を行うためにナビを利用することも有効です。委託ドライバーに適したナビの選び方や、トラック配送業務におすすめのナビの情報などをまとめて紹介していきますので、効果的に活用して配送業務の効率化を目指していきましょう。

配送中に事故を起こしてしまったら

荷物を配達している途中で事故を起こしてしまった場合、「積んでいる荷物をどうするのか」「会社になんて言い訳をすればいいのか」ということが気になってしまうかもしれません。しかし、一番大切なのは事故の相手と自分の安全を確保して、怪我をしている場合は適切な処置をすることです。安全確保や警察への連絡を怠ると法律違反になってしまうこともあるので、交通事故を起こしたときの対処法や対処する順番を間違えないようにしましょう。

運送保険に加入する

お客様から預かった大切な荷物を水没させてしまったり、うっかり落として壊してしまったりしたら、弁償をしなければいけません。自分自身で荷物の責任を持たなければいけない委託ドライバーにとって、弁償問題は大きな出費につながってしまうこともあるトラブルです。そこで、もしものときのために保険への加入を検討しましょう。保険は、どのくらいの範囲をカバーしたいかによって保険料が変わります。自分の希望に合ったものを選ぶようにしてください。

ガッチリ
稼ぎたいなら
アマゾン
フレックス

ガッチリ稼ぎながらプライベートも充実できる
理由
その1
自分が働きたい時間帯と仕事量を選ぶことができる
理由
その2
業務は配送のみ!
代引きなど付加業務はナシ

副業で小遣い
稼ぎしたいなら
タウン
サービス

土日のみ働ける
タウンサービスの魅力は?
理由
その1
時間帯や曜日など働く時間を自分で選べる
理由
その2
企業間配送なので
再配達が一切なし!

地元で安定収入を
得たいなら
ヤマトスタッフ
サプライ

業界最大手のヤマトは
なぜ地方に強いのか?
理由
その1
全国の各地域に
営業所を完備
理由
その2
宅配便配達個数は
業界最大クラス

ページの先頭へ