MENU
疾走︕委託ドライバー | 働く男のためのWEBマガジン » 委託ドライバーベテランへの道 » 配送中に事故を起こしてしまったら

配送中に事故を起こしてしまったら

ドライバーにとって、事故は絶対に避けたいもの。けれど、リスクをゼロにすることは残念ながらできません。少しでも被害を少なくするために、万が一のときの対処法を知っておきましょう。

配達中は事故のリスクが伴う

どれだけ気を付けて運転していても、相手側のミスによる事故や、ふとした油断が招く事故などを完全になくすことはできません。特に最近は、インターネットやアプリを使った取引の影響で、配達個数が増加傾向にあります。「少しでも早く、たくさん配達しなければ」という気持ちの焦りが事故につながってしまうこともあるので注意が必要です。

事故が起きてしまったときの対応

運転を止めて救護を行う

配達中に事故が起こってしまったら、すぐに適切な対処をとる必要があります。まずすべきなのは、「ともかく運転をやめて救護する」ということ。そのまま逃げてしまったり、けが人の救護を怠ったりすると、当て逃げ扱いになってしまうこともあるからです。車は路肩に寄せ、けが人がいる場合は、状態に注意しながら安全な場所へ移動させてください。まずは自分と事故相手の安全を確保し、渋滞や多重事故を防ぐための措置をとることが大切です。

警察へ連絡を行い状況を確認する

自分と相手の安全が確保できたら、すみやかに警察に連絡をします。けが人がいる場合は、110番に電話をしたときに「けが人がいます」と伝えてください。別途119番通報をしなくても、警察から連絡をしてもらえます。また、110番通報は通行人に代わりにしてもらってもいいでしょう。けが人の有無や事故の状況に応じて、周りの人の手を借りるようにしてください。なお、事故当時の状況を警察に伝えるため、必要以上に車を移動させないように気を付けましょう。

保険会社や所属する会社へ連絡する

自分が所属している会社や保険会社に連絡をするのは、警察への通報の後です。仕事中の事故ですから、積んでいる荷物をほかのドライバーに引き受けてもらったり、時間指定の荷物の対応をとったりしなければいけません。会社にすみやかに事故が起こったことを伝えてフォローを受けましょう。また、会社で保険に加入している場合は、保険会社への連絡についても指示を受けます。交渉等を引き受けてくれる保険会社もあるので、その後は指示に従って対応を進めましょう。

ガッチリ
稼ぎたいなら
アマゾン
フレックス

ガッチリ稼ぎながらプライベートも充実できる
理由
その1
自分が働きたい時間帯と仕事量を選ぶことができる
理由
その2
業務は配送のみ!
代引きなど付加業務はナシ

副業で小遣い
稼ぎしたいなら
タウン
サービス

土日のみ働ける
タウンサービスの魅力は?
理由
その1
時間帯や曜日など働く時間を自分で選べる
理由
その2
企業間配送なので
再配達が一切なし!

地元で安定収入を
得たいなら
ヤマトスタッフ
サプライ

業界最大手のヤマトは
なぜ地方に強いのか?
理由
その1
全国の各地域に
営業所を完備
理由
その2
宅配便配達個数は
業界最大クラス

ページの先頭へ