MENU
疾走︕委託ドライバー | 働く男のためのWEBマガジン » 業務委託って何?

業務委託って何?

業務委託を生業とする人が増えてきている

企業が雇用関係のない他企業や個人に業務の一部を仕事として任せることです。あらかじめ委託する業務内容や予算、期間が決められておりその範囲内で業務を進めます。

近年は業務委託で労働力を確保しようという企業が増加。それを受けて個人で開業し業務委託のみを生業とする人も増えているようです。

新しい働き方として出現した業務委託ですが、開業するには事業主としての知識を持たなくてはいけません。保険料や確定申告などの手続きを自分で行う必要があります。また、安定して仕事が受けられるとは限らないので自分で、他の同業者との差別化をし営業をかけなくてはなりません。

スキルを活かして自由に稼げる業務委託ですが、組織に属さず自分で一組織を動かすという心構えが必要です。

業務委託のメリットとデメリット

業務委託で開業するメリットは自分のペースで働けること。組織や集団に属することで生じる煩わしい人間関係や会社のルールなどに従う必要がないため、組織が苦手という人に適しています。

自分の知識やスキルを活かして働いた分が収入につながるので、報酬への満足度も高いでしょう。

デメリットは経理や事務作業も自分で行う必要があることや安定した仕事を得ることの難しさです。また労働基準法が適用されないため、労働時間に対して最低賃金が保障されません。一事業主としてある程度知識をつけたり、業務委託をしてもらえるように企業と信頼関係を築く努力を常に続けることが大切です。

業務委託と正社員どっちが儲かる?

業務委託で開業すると年収は仕事量によって変動します。働き方が異なるため単純に比較できませんがしっかり仕事を取ることができれば正社員より5割程度収入UPも見込めるようです。

業務委託とフランチャイズの違いは?

業務委託とは業務の一部を引き受け、収入をもらうこと。業務委託をした側とされた側は対等関係です。フランチャイズには親企業が存在し、加盟店は親企業の商標を借りているため、加盟料やロイヤリティーが発生します。

保険加入の必要性

業務委託で開業するとこれまで会社が行っていた保険の手続きを自分で行う必要があります。会社に所属している時とは仕組みや加入する保険の種類が異なるため注意が必要です。

確定申告は必要?

確定申告が必要かどうかは年間所得によって決まります。所得とは売上から業務上必要な経費を差し引いたもの。一般的に年間所得が一定金額をこえると確定申告が必要です。

請負と委任の違い

業務委託は大きく分けて請負と委任に分けることができます。報酬が支払われる対象によって使い分けられており、業務委託を受ける上でよく確認しておかなければトラブルの原因になることも。

あなたが希望する稼ぎ方は?おすすめ宅配業者3選
ガンガン働いて【年収700万円】以上稼ぎたい
副業で土日のみ働いて【小遣い稼ぎ】がしたい
馴染みある地方で【安定した収入】を得たい
あなたが希望する稼ぎ方は?おすすめ宅配業者3選
ガンガン働いて【年収700万円】以上稼ぎたい
副業で土日のみ働いて【小遣い稼ぎ】がしたい
馴染みある地方で【安定した収入】を得たい

ページの先頭へ