MENU
疾走︕委託ドライバー | 働く男のためのWEBマガジン » 業務委託って何? » 業務委託と正社員どっちが儲かる?

業務委託と正社員どっちが儲かる?

年収の違い

正社員は収入が急にアップすることは滅多にない

正社員は福利厚生など会社の保証を受けており、業務委託は引き受けた仕事量や業務内容によって年収が変わるため、正社員の給料と一概には比べられません。

安定した収入を確実に得られるのが正社員ですが、急に収入がアップするようなことは滅多にないでしょう。

業務委託は働けば働いた分だけ稼ぐことができる!

それに対して、安定的に仕事を受けられれば働いた分だけ収入が上がるのが業務委託。正社員以上の年収を得ることが可能です。成果が報酬に反映されやすいため、高いモチベーションで仕事に臨むことができ結果的に高収入につながります。

スキルを活かして安定的な収入を得るか、収入が安定するのも高い報酬につなげるのも自分の働き方次第という自由さを選ぶか、重視するポイントを明確にすることが大切です。

福利厚生の違い

正社員は会社に雇われて保険料や労働時間、給料は法律である程度約束される

正社員は企業と雇用関係を結んでおり、その企業の福利厚生を受けることができます。保険料は会社と折半で手続きを会社が行うため、専門的な知識が要らず手続きをするわずらわしさもありません。

企業の正社員には労働基準法が適用されるため、労働時間や賃金など基準に合った範囲内で働くことが可能。会社や法律に守られている一方、就業規則に常に従う必要があります。

独立しているので保険料は実費だが自分のペースで働くことができる

一方、業務委託は企業から依頼を受けていても、その企業の福利厚生を受け、保険料を折半してもらうことはできません。また、労働基準法が適用されないため法律上の保護は受けられず、自分で知識をつけてトラブルに対応しなくてはならない点で違いがあります。

仕事内容の違い

正社員は会社から指定された業務をこなします。やりがいをもって仕事を楽しめるケースもありますが、得意なことをフルに生かせる職場はとても少ないでしょう。望んでいない部署に異動になることもあります。

対して業務委託では自分の得意分野を仕事にできやりがいを感じやすい反面、仕事を自分で取ってくる必要があります。営業や企業との信頼関係づくりも業務委託において重要な仕事です。

業務委託から正社員への道はある?

業務委託から正社員になることは可能です。ただし得意なスキルを活かして会社にとって不可欠な存在にならなければいけません。常に勉強を続けて技術を向上させている業務委託者は会社にとって魅力的な存在。

同業者より優れたスキルを持てるように努力することは業務委託を続ける場合にも大きな武器になります。だた、正社員と業務委託の給与体系や業務内容は異なるため、事前の確認が重要です。

業務委託が向いている人・向いていない人

業務委託が向いている人

  • 仕事が好きで常に仕事のことを考えても苦にならない人
  • 自分で勉強したり情報収集するのが好きな人
  • 自分のやり方で自由に仕事を進めたい人
  • 一人で黙々と仕事を進めることが好きな人
  • 仕事のスケジュールを適切に管理できる人
  • うまくいかないことがあっても冷静に問題解決を考えられる人

業務委託が向いていない人

  • 仕事にはやりがいより安定を求める人
  • 一人で仕事をするよりチームで協力して仕事を進めたい人
  • 仕事または仕事のための勉強に多くの時間を費やしたくない人
  • 交渉事やスケジュール管理が苦手な人
  • 仕事で大きな責任を持ちたくない人
あなたが希望する稼ぎ方は?おすすめ宅配業者3選
ガンガン働いて【年収700万円】以上稼ぎたい
副業で土日のみ働いて【小遣い稼ぎ】がしたい
馴染みある地方で【安定した収入】を得たい
あなたが希望する稼ぎ方は?おすすめ宅配業者3選
ガンガン働いて【年収700万円】以上稼ぎたい
副業で土日のみ働いて【小遣い稼ぎ】がしたい
馴染みある地方で【安定した収入】を得たい

ページの先頭へ