MENU
疾走︕委託ドライバー | 働く男のためのWEBマガジン » 業務委託って何? » 業務委託とフランチャイズの違いは?

業務委託とフランチャイズの違いは?

「業務委託」と「フランチャイズ」、どちらも同じように感じますが、実は全く違うんです。どんな違いがあるのか詳しくまとめましたのでご紹介します。

業務委託とは

企業が継続的に行っている事業や取り組みなどの一部を他社へ「委託(委ねる)」ことを業務委託と言います。委託する側である企業から仕事を依頼されることで、委託される側である企業や個人が「業務委託費」という報酬を受け取ることが出来ます。

良い点

仕事を委託された側は業務を行うことで報酬を受け取れ、フランチャイズのようにロイヤリティを支払う必要がありません。業務委託は、依頼主からお願いされた業務を正確に遂行することが大切であり、委託された業務以外にあたる経営などの責任を負わなくて良いので安心です。自由度の高さを求める方に向いている仕事と言えます。自身の技術や知識をうまく活かすことができれば高い報酬を得ることも可能なのが利点でしょう。

ココに注意!

業務委託を受ける前に、契約内容をしっかりと確認する必要があります。委託される側は、もちろん報酬を受け取るために引き受けているのですが、委託された業務を行うだけでは報酬を得られないといった場合も存在します。中には完全成功報酬を前提とした契約を取るケースも。トラブルを避けるためにも契約内容の確認は十分に行うことをオススメします。

フランチャイズとは

加盟する人や法人がフランチャイズ本部からお店の名前やサービス・商品などを使用する権利をもらってビジネスを行う仕組みのことを言います。加盟する側がフランチャイズ本部と契約することで、フランチャイズ加盟店のオーナーになることができるのです。

良い点

フランチャイズ本部にロイヤリティを支払うことで、仕入れや販売のサポートはもちろんのこと、人材育成や経営のノウハウを継続的に教えてもらうことが出来ます。ブランド力や知名度の高いフランチャイズ本部を選べば、一からプロモーションをすることもなく、自然と集客に繋げることが可能。失敗のリスクも低いことから、初めての方でも安心して起業できる人気の事業となっています。

ココに注意!

自身がオーナーになったとは言っても、本部が決めたルールには従わなければいけません。「オーナーになったのだから、自分のやり方でやりたい!」などといった自由度を求める方には向いていないでしょう。フランチャイズの経営責任はフランチャイズ本部ではなくオーナー自身にあります。経営に失敗しないためにも安易に始めるのではなく、きちんと見極め、信頼のおけるフランチャイズ本部と契約する必要があるでしょう。

まとめ

業務委託は依頼を受けて業務の一部を手助けすること。一方、フランチャイズは本部からネームバリューを借りて、自ら経営を担うことを指します。それぞれの違いを理解し、自分にはどちらが合っているか考えてみてください。

あなたが希望する稼ぎ方は?おすすめ宅配業者3選
ガンガン働いて【年収700万円】以上稼ぎたい
副業で土日のみ働いて【小遣い稼ぎ】がしたい
馴染みある地方で【安定した収入】を得たい
あなたが希望する稼ぎ方は?おすすめ宅配業者3選
ガンガン働いて【年収700万円】以上稼ぎたい
副業で土日のみ働いて【小遣い稼ぎ】がしたい
馴染みある地方で【安定した収入】を得たい

ページの先頭へ