MENU
疾走︕委託ドライバー | 働く男のためのWEBマガジン » 密着!委託ドライバーの1日

現役委託ドライバー独占取材【PR】

世の中の欠かせない仕事として注目を集めている宅配ドライバー。「疾走︕委託ドライバー」編集部では、個人事業主としてアマゾンフレックスの現役ドライバーとして活躍している、森下さんにインタビューを行いました。仕事の魅力や効率的に配送するコツ、やりがいなどを聞いています。

インタビュー画像

きっかけはAmazonの配送システムの興味から

Q.はじめまして。まずはお名前・ご年齢・現在働いているエリアを教えてください

森下雅広と申します。47歳です。現在は品川と横浜のステーションを中心に働いています。

Q.現在どのような働き方をされていますでしょうか

本業は個人事業主としてWEBサイトの制作や、インターネット広告の運用管理の仕事をかれこれ10何年やっております。

でも、収入面から見れば本業に匹敵する報酬をいただいております(笑)。

Q.アマゾンフレックスで働いている期間はどれぐらいでしょうか

1年間です。実はアマゾンフレックスで働く前に、別の会社で委託ドライバーとして働いておりました。そのため委託ドライバー歴としては実質2年になります。

Q.別の会社からアマゾンフレックスに変更したのはなぜでしょうか

未経験で別の運送会社で委託ドライバーとして働き始めたのですが、配送業を経験していく中で、アマゾンフレックスの配達の効率の良さに興味を持ったのがきっかけです。効率よく配送するために、いろいろなシステムやアプリケーションがどんどん進化しているという状況を知り、アマゾンフレックスがいいなと思って選択しました。

Q.アマゾンフレックスの存在はどこで知りましたか

基本的にはインターネットです。アマゾンフレックスのドライバーさんたち が独自に商品を配達する配達網を作っていると知りまして、どういうお仕事なのか非常に興味を持ち、インターネットで調べてアマゾンフレックスにたどり着きました。

Q.なるほど。最終的な決め手は何でしょうか

自分自身がAmazonのヘビーユーザーだったからです。以前から、注文して翌日にはポーンと手元にくる、このサービスってすごいなーっと思っていました。実際に仕事をやってみたらどうなのだろうという思いで、挑戦する思いでアマゾンフレックスに登録しました。

不安もあったのですが、興味が勝って、アマゾンフレックスでお仕事をさせていただいているという感じですね。

書類さえ揃えれば誰でも簡単に登録可能

Q.アマゾンフレックスはアプリから登録するシステムですが登録は問題なく行えましたか

登録自体は非常に簡単でした。

Q.書類審査は1度で終わりましたか

僕の場合は黒ナンバーの車がありましたし、任意保険もすべて揃っていたので、書類などの写真を撮影して送って、書類審査が2、3日して戻ってきてという感じで、割とスムーズに登録はできました。

Q.書類などが揃っていれば簡単ということですね

そうですね。まあ私の場合はということですけど。

Q.登録完了からどれぐらいの期間で仕事を始められましたか

前の仕事が残っていたので、1週間後ぐらいに始めました。普通だったら次の日から働けると思います。

Q.車はレンタルですか、それとも購入でしょうか

前の仕事を始めた頃はレンタルでした。3ヶ月くらい借りていたのですが、この仕事が続けられそうだという感触を得られたので、軽バンを買いました。

Download on the App Store

配送効率アップのための必需品

Q.仕事を始めるにあたって車以外に準備した物はありますでしょうか

効率よく配達するには色んなグッズが必要だろうと感じ、たくさん準備しました。

Q.具体的にどのようなグッズでしょうか

実は小道具を用意しています(笑)。

まずは、モバイルバッテリーが2台。小型で軽くて配達のときも便利なものを使っています。スマホの充電がなくなると仕事にならないので。

インタビュー画像

バッグは腰につける形のもの。車の鍵はポケットに入れると取り出しが面倒くさいので、バッグに取り付けてリールで伸ばせる形になっています。

携帯電話にも紐をつけています。落下しても地面につかないぐらいの長さに調整をしています。スマホが壊れてしまったら仕事ができないので、スマホは大切にするようにしています。

不在伝票はクリアファイルに入れています。そうすれば不在伝票がしわくちゃになることもないし、ちょっとした雨も防ぐことができます。

Q.こんなにたくさん!すごいですね

実はグッズが大好きなんです(笑)

雨の日はレイン用の靴を履いています。ちょっとした水たまりだったら、水がしみ込まないので便利です。雨合羽はポンチョタイプを使っています。配達する際にポンチョの中に商品を入れちゃうんです。そうすれば濡らさずにお客様にお渡しできるので。

インタビュー画像

夜の配達に役立つのはライトです。2WAYタイプが便利です。片方は懐中電灯みたいにつかえて、もう片方は車内全体を照らすような形です。商品を探すときやお客様の表札を探すときに便利です。

インタビュー画像

Q.配達の効率だけでなく大切な商品を守るための工夫が素晴らしいですね

現場で効率よく安全に配るためにはどうしたらいいのか、こうした方がもっと速く配れるんじゃないか、お客様が喜んでくれるんじゃないか、ということを毎日のように考えています。

いろいろ試してみて、うまくいったら継続して、これだめだなと思ったら不採用という感じですね。

だから楽しいですよ!

配達完了後の達成感に勝るものなし

Q.グッズ以外でも仕事の楽しみはありますでしょうか

配達を終えた瞬間の達成感ですね。

例えば8時間程度のブロックの場合、100個以上の商品を配ります。それら全部を配り終えたあとの達成感が、ちょっと普通の仕事じゃ得られないぐらいのものが得られるのです。

本業はデスクワークですが、デスクワークって永久に続くような感覚じゃないですか?一応締め切りはあるけど、それが終わったら次の仕事があって、といった感じで。

でもこの配送業というのは、お客様の元にすべての商品をお配りできたら、そこで仕事はおしまいなんです。仕事の区切りがとても明確なんですよね。

Q.その達成感すごく興味あります!逆に仕事をしていて、ここはきついな~と感じることはありますか

冬は寒くて夏はむちゃくちゃ暑いところなど、天候に左右されるところです。軽バンは屋根が薄いので、夏はすごく車内が暑くなります。大雨の日もあれば、雪が降ったりもします。

だけどこれも予測と対策をしていればおおむね解消できます。例えば急に雨が降ってきたときに雨合羽を用意していなければ、商品が濡れてしまうし自分の体もびしょ濡れになってしまうので、そういうことがないように、事前の準備が大切なんです。

Q.寒さ・暑さ対策は具体的にどのようにしていますか

冬の場合はシンプルに防寒着、ネックウォーマー、毛糸の帽子をかぶりながらやります。だけどすごく寒い日でも、配達している時は基本的に小走りなので、汗をかくんですよ。だから厚着をしすぎないのも重要ですね。

逆に夏の方が本当に大変です。小型の扇風機を車内に設置したりして、なるべく熱中症にならないように気を付けています。水分補給も絶対に必要です。

人間関係に悩まされない配送特化型システム

Q.アマゾンフレックスのスタッフや同じドライバーさんとの関係性はどうですか

アマゾンフレックスは、商品を配達することに非常に特化しているんです。倉庫のスタッフもドライバーも。だからプライベートの会話をするという機会がほとんどないですね。

Q.他のドライバーと関わりが一切ないということでしょうか

いや、そんなことはないです。オファーのスタート待ちの時にちょっとお話をする感じですよね。

「よく見ますね?一緒のお仕事ですか?今日はどのオファーですか?」といった感じで。でも、それぐらいですよね。

Q.人間関係では前職と違いがありますか

前職は、他のドライバーさんたちと仕事だけでなくプライベートな交流がありました。

たまり場があって、そこでプライベートな部分までお互いを知り合う仲になって、友達関係になって。

そういうところで配達を効率アップするための情報なども得られたので、僕もできるだけ参加していました。

一方でそれが嫌な人も当然いました。

だけどアマゾンフレックスは、そのような人間関係のモヤモヤ感というものは一切ないです。

Q.倉庫のスタッフさんとも会話はないのですか

運送に関するお話は濃密にします。ただ友達関係ではないということです。仕事として割り切っていると言ったら変ですが、仕事に特化した情報だけを濃密に話します

「今日はどこのエリアです」「この商品どうしますか?」というようなリアルなお仕事の話に特化しています。僕はその方がすごくシンプルでいいと思います。

Q.上司部下の関係でなく並列な関係ということですね

そうです。例えば商品の中に全然違うエリアのものが1個だけ入っていることがたまにあります。

そういう商品に関しては「エリア外なので持っていかなくていいですね」と聞いて「分かりました」というやり取りは非常に簡素にできます。

フレキシブルに働けるからプライベートも充実

Q.働き方で前職と違う点はありますでしょうか

前職の場合は基本的には朝から夜までのお仕事でした。朝に1回目の持ち出しで、昼に1回スポットに戻ってきて、夕方から夜にかけての商品を積み込みます。そこから19時~21時の便の配送をします。配送エリアが決まっていて、1つのエリアをすべて1人で担当することになります。

でもアマゾンフレックスは、時間の融通がつけやすいんです。「この日はどれくらいのブロックにしよう」とか自分で決められます。例えば朝からのブロックの場合、14時指定の商品を配達したらおしまいにして、夕方には家に帰ってインターネットの方のお仕事をやったり、プライベートのことをやったりしています。

Q.自分の予定にあわせて仕事のオファーを受けられるということですね

はい。僕の場合はインターネットのお仕事をしていて時間的な余裕がちょっと欲しいので、それこそフレックスに対応できるアマゾンフレックスの方がいいなと思いました。

すべての商品を配達完了したら直帰OK

Q.1日の流れを教えていただけますでしょうか

まず朝が早いです。今は6時半から商品の積み込みができるので、渋滞を考慮して5時過ぎぐらいに家を出ます。

倉庫に着いたら端末でチェックインをし、不在伝票を持って商品を受け取りにいきます。僕が経験している品川ステーションは大きなバッグに商品がいっぱい入っていて、その商品をバッグごと車に乗せてしまうので、すごくスピーディーに積み込みができます

配達するエリアがアマゾンフレックスの場合はいつも同じというわけではないので、どのようなエリアなのかの全体を把握することが大切です。

必ず守るようにしているのは、時間指定の商品がどの辺のエリアにあるのかということ。必ずそれを確認してから出発します。

これを確認せずに出てしまうと、焦って細かなミスをしてしまうので、これを減らすためにエリア全体の確認、時間指定の確認、あとは国道がどこにあるのかとか、線路をまたいだ商品があった場合どのような順序で回るのかというところを考えて出ています。

Q.アマゾンフレックスはアプリでルートを参照できると聞きましたが

「アプリからこういうルートで通れます」っていうような番号が振られているので、その通りに行っても構わないけど、その通りに行くよりもっと効率がいい方法を自分で考えています

その組み立てがしっかりできていると、素早く商品を配ることができます。

14時指定の商品を配り終えたあとは、不在や宅配ボックスが全部埋まっていて配達できなかったところをもう1度回ります。それでも商品が残っているようでしたら配送ステーションに帰り、商品を戻しておしまいです 。

Q.2度回りする時間は確保できるものですか

こればかりは人によるので、「僕ができていても他の人ができるのか」というのは難しいところですね。

でも僕としてはお客様に、できるだけ届けたいっていう気持ちがあります。持ち戻りの数もドライバーの評価になるので、できるだけ減らしたいです。だからできるだけ2度回りをして商品を残さない努力はしています。

インタビュー画像

Q. Amazonユーザーとしてはとても嬉しいところですね

アマゾンフレックスの非常に素晴らしいところは、もし持ち戻りの商品が1つもない場合は、そのまま直帰できるところです。

商品が比較的少ないときは午前中に商品を配り終わって「お疲れ様でした!」と言って帰れるときもあります。

Q.その時の達成感はやっぱりすごいですか

もうたまらないです(笑)。早く終わっても報酬が一緒なんですから!

商品に臭いがつかないように細やかな配慮

Q.昼休憩はどのようにしていますか

駐車場がないと食べられないので、コンビニがやっぱり多くなりました。特にイートインのあるコンビニで食事することが多いですね。

車の中で食べても構わないですが、商品がありますので、臭い移りをさせないために、できるだけ外で食べるようにしています

車の中で食べる場合は、窓を開けてお客様の大切な商品に臭いがつかないようにしています。

Q.そんなところまで配慮してくれるなんて

あとは、色々なエリアへ行くじゃないですか?そうすると、美味しそうなラーメン屋さんとかうどん屋さんを見かけるんです。あるエリアに美味しいさぬきのうどん屋さんがあって、めちゃくちゃコシがあって美味しいんですよ。

Q.それもモチベーションの1つですね

だからそのエリアだとわかると「おっ、今日はうどん屋さんだ」となるわけですよ。「今日はうどんを食べるぞ」という気持ちで商品を配っています。

駐車場があって安全に停められるなら、そういうところで食事をしたいですね。

運転技術の過信は1番の敵

Q.配送のための運転と通常の運転に違いはありますか

このお仕事をする前は普通の運転だろうなと思っていました。

でも、実際に始めると普通とは違う運転の仕方が必要ですね。路地を曲がると杖をついているお年寄りの方もいれば、自転車に乗っている子どももいます。すれ違いもできないような細い道もあり、今まで僕が経験したものと全然違う危険度を感じています。

僕もハッとしたりヒヤリとしたり、ということを何回も経験しました。大きな事故に繋がるんじゃないかということもありました。

Q.大きい道路ばかりじゃなく住宅街を通るわけですからね

これからドライバーとしてアマゾンフレックスにデビューする方に対しては、まったく別の世界ということを伝えたいですね。

運転が上手いから、配達がすぐできるわけではない。そこだけは気合い入れて安全運転を心がけてほしいと思います。

Q.安全運転のために気を付けているポイントはありますでしょうか

運転中はとにかく周囲を確認するようにしています。スタートさせる時にミラーミラーミラー、バックカメラも全部見て、安全確認して出ていっています。

仕事を始める前は運転をしていても事故の危険性をあまり感じなかったんですけれど、仕事として運転するにあたって、やっぱり怖いなって思うようになりました。

Q.これから仕事を始める方へ安全運転のアドバイスはありますでしょうか

やっぱりみんなそれぞれ運転の悪い癖があるんですよ。例えばバックするときにあまり後ろを見ないとか、ドアをガンと開けてしまうとか。

その悪い癖を1つ1つ良い癖に変えていくといいと思います。最終的に良い癖だけを残して、無意識のうちにできるようにしていくのが1番かなと思います。

Q.過信が1番の敵ということですね

そうですね。これだけはこれから宅配ドライバーを始められる方に知っておいてほしいですね。安全運転の癖付けです。見ること、確認することが癖になることです。過信というかおごりはダメですね。

配送効率化のコツは状況把握をいかにできるか

Q.そのように気を遣いながらも効率的に配送するコツはありますでしょうか

商品を積み込んだ後にどのエリアの商品なのか、午前指定の商品がどれくらいあって、14時指定の商品がどれぐらいあるのかをできるだけ早く把握して、配送ルートを組み立てていくことが大切です。

エリアの中にはタワーマンションがあったり大きな団地があったりして、時間がかかるところかからないところがあるので、その辺を見極めるのが最大のポイントですね。

Q.確かに高層階のマンションへの配送は大変そうですね

あとは、車をやたらめったら走らせていると時間がかかっちゃうので、配達先が1か所に集中している場合は、ピンポイントで車を停めて、5か所、6か所まとめて商品を配っています。当然車の移動がないので、交通事故の危険も下げられます。

Q.それ以外は何かありますでしょうか

例えば大田区は、東海道線、横須賀線、京浜東北線が走っていて、開かずの踏切みたいなところが何ヵ所かあります。

そこを行ったり来たりしていると時間がかかってしまうので、なるべく往復がないように考えていますね。

Q.何も考えないでできる仕事ではないということですね

そうですね。でも、努力次第です。決して複雑な仕事ではないです。アマゾンフレックスのシステム自体が非常にシンプルにできていて、過不足なく情報をもらえるので、その情報をいかに仕事にうまく転換できるかが勝負になってきます。

アマゾンフレックスのアプリのおかげで商品を配るスピードがすごく速くなっているので、その代わりに1つ1つの商品、1人1人のお客様に対して商品をお配りするときに、気持ちよく受け取っていただきたいなという風に思っています。

報酬への満足度は?

Q.働くスケジュールはどのように決めていますか

僕は1週間単位で決めています。週2日は休みたいと思っています。どれだけ働いたらつらくなるというのは感覚を掴んでいるので、例えば長めのブロックを3日4日ぐらい連続で働いた場合は、その次の日は休むという感じです。

今は基本的に朝からのブロックでお仕事をしています。午後は時間的に余裕があるので、コンスタントに働けていますね。例えば3日働いて1日休んでとか、4日働いて1日休んでという感じで、休み自体は不定期になってしまいますが、そんな感じです。

Q.最高で報酬は月いくら得ることができたでしょうか

年末の繁忙期はどんどんオファーが来たので、まあ取れるだけ取ってみようと思って、あくまで私の場合ですが、たぶん50万円代後半ぐらいまではいきました。

Q.そんなに!?では平均はどれぐらいでしょうか

私の場合、結構オファーを取るので、平均は40万円半ばぐらいじゃないですかね。インターネットの仕事が忙しかった場合はアマゾンフレックスの仕事を減らすこともできるので、フレキシブルに稼いでいます。

Q.報酬には満足していますか

非常に満足しています。別に無理して商品を配達しているわけではなく、その日その日で考えながらやっていますので、うまく配れば午前中に商品を配り終えちゃうときもあります

そうすれば報酬単価としてすごく高額になりますよね。ブロック単位で金額は決まっていますが、稼働中働き続けなきゃいけないというわけではなく、与えられた商品、与えられたエリアの中でうまく短時間で終わらせられるようにするのは、色々努力のしがいがありますよね。そこは楽しいです。

Q.やっぱり気になるのが経費だと思うのですが削減のコツはありますか

う~ん、ガソリンは1番安いところで入れていますね。

あとは、当たり前の話ですけれども無事故だと任意保険の支払いが安くなります。僕の場合最初の1年目の支払が年間で12、3万でした。でも2年目で9万円台まで下がっています。3年目、今年7月の更新でまた少し下がるんじゃないかと思います。

Q.安全運転が経費削減にもつながるのですね

逆に経費削減しようとしすぎて、中古車で安すぎる軽バンを買っちゃうと危ないですね。金額どうこうという話ではないですが、ある程度4、50万ぐらいは出しておいた方がいいかなと思います。

Q.やっぱり故障しやすいのでしょうか

そうです。だいたい10万キロを超えると車って故障が出てきやすいですね。10万キロ超えているからダメというわけじゃないんですけど、やっぱり程度の良いのをしっかり調べて購入するのが良いのではないでしょうか。

お客様に接するのは一瞬だからこそ”声”には気をつけています

Q.お客様に商品を届ける際に気をつけているポイントを教えてください

最近感じるのは、商品をお客様にお渡しするのは本当に一瞬なんですよ。3秒、5秒ぐらい。10秒もあったら長いぐらいです。インターホン押して、お届けにあがって、名前と住所を聞いて、お渡しします。

それから「ありがとうございました、またよろしくお願いします、失礼します」という本当にわずか一瞬の出来事なので、声がすごく大切だなと思います。

Q.確かにその一瞬で印象が決まりますもんね

朝早い時間帯に「商品をお届けに参りました」って大声出したらそれは他のマンションの方に迷惑がかかるので、やはり朝は声を落ち着かせています。

女性の場合は特に気を遣っています。まあ、こんなおっさんがですね、大声を出したら怖がってしまうので、そこはやっぱり優しいトーンで話しますね(笑)。

インタビュー画像

Q.ははは(笑)

あとは、新型コロナウイルス感染症の影響で、置き配が進んでいます。お客様の中にも「商品はドアの前に置いといてください」というご要望も多くなってきて、お客様と対面をしないことが増えてきています。その時こそ声でちゃんと感謝の気持ちを伝えるということを大切にしています。

Q.見えない相手だからこそですね

ここまでこだわるのは、僕自身がAmazonのヘビーユーザーだからです。無愛想だったり商品自体を粗末に扱われたりしたらやっぱりカチンとくるじゃないですか。お気に入りの商品が届くタイミングで気持ちよく受け取っていただくことを意識しています。

感謝の言葉が良かったなと思える瞬間

Q.アマゾンフレックスで働いていて良かった点を教えてください

1つは効率の良い働き方を体験できるという点。自分が進化しているんだと非常に実感できます。今までこれだけの商品しか配れなかったのが、だんだん多くの商品もこなせるようになって、スピードも速くなっていく。これが嬉しいんですよ。

Q.成長を感じられるのは嬉しいですね

もう1つはお客様から感謝の言葉をいただく瞬間です。あるお母さんと小さなお子さんがいらっしゃって、

「ありがとうございます。うちはね、Amazonさんがいないと生活が成り立たないから」と言われるんです。

いや、そんなことはないと思うんですよ。でもやっぱり自分の仕事が皆さんの生活の基盤を支えていたり、コロナ禍において、安全を守りながらどうやって生活をしていくかというところで、小さなパーツですけど、皆様のためにお仕事をさせていただいているところはすごく嬉しいですよね。

世の中ではエッセンシャルワーカーという言葉で言われたりします。そこまで僕はかっこつけるつもりはないですが、やっぱり感謝されるお仕事であることは確かなので、仕事として選んで良かったなと今は思っています。

まずは働いてみることが大切

Q.アマゾンフレックスの魅力を教えてください

世の中にアマゾンフレックスの仕事があるということで色々な情報が飛び交っています。怖がらせる話もあれば、やった方がいいよ、面白いよという情報もあります。

でも「百聞は一見にしかず」です。やってみたら意外と面白かったりします。どんなことでも仕事は慣れですし、どんな仕事であってもやり続けることが1番大切かなと思います。

Q.最後にこれから始める方に一言お願いします

あまり怖がらず、やってみて判断された方がいいと思います。決して無理難題の多い仕事ではないです。しっかり考えて仕事をすれば必ずうまくやっていけて、収入源になって、生活を支えるだけの収入を得られる良い仕事だと思っています!是非オススメします!

Q.本日はたくさんのお話をしていただきありがとうございました

ありがとうございました。

アマゾンフレックスの
お仕事の詳細を公式HPで見てみる

Download on the App Store

Download on the App Store

Androidの方はこちらから
アプリをダウンロードできます

ページの先頭へ