MENU
疾走︕委託ドライバー | 働く男のためのWEBマガジン » 委託ドライバーなんでも質問室 » 委託ドライバーのリスクとは?悪徳業者に要注意

委託ドライバーのリスクとは?悪徳業者に要注意

自分の保有している車で、手軽に開業できるイメージのある「委託ドライバー」という業種。ネット通販の普及に伴うドライバーの人手不足から、さまざまな運送会社が委託ドライバーを募集しています。

しかし、「委託ドライバー募集」を掲げる業者の中には、ドライバーからお金を巻き上げたり、低予算で働かせたりすることを目的とした悪徳企業が紛れていることも。今回は、よくある悪徳業者の手口と、安全な業者を見分ける方法について紹介します。

車のローンを組まされる

委託ドライバー契約に関する被害の中でも、特にダメージが大きいのが車を買わされるケース。一部の悪質な業者は、魅力的な広告をエサに「業務のためには、こちらが指定する車両を用意してもらう必要がある」などと誘導し、軽トラック等の車両を購入するよう求めてくることがあるのです。

もちろん、返済分を差し引いても黒字になるだけの収入が担保されるのであれば、ローンを組んでも問題ありません。しかし、悪徳業者の場合は、「車を買わせるだけ買わせておきながら、仕事は紹介しない」という手口を使ってくることがほとんど。騙された!と気づいた時には、本来必要なかったはずの車両と、多額のローンだけが残ります。

仕事がないor多すぎる

「求人の条件と、実際の状況が違いすぎる」というトラブルも、しばしば起こります。たとえば、「月40万円以上稼げる」と銘打っておきながら、いざ契約してみるとほとんど仕事が回って来ず、収入が得られないことも。

反対に、次から次へと休みなく配達することを強要される、委託ドライバーとしての範疇を超えた社員のような仕事をさせられるといったケースも存在します。

悪質な企業の場合、こうした状況について異を唱えても、「やる気がないせい」「手際が悪いせい」などと、まともに取り合って貰えないこともしばしば。そればかりか、契約解消を盾に脅しまがいの態度を取られることすらあります。

車を買わされる場合に比べ、金銭的な被害こそ少ないかも知れませんが、ドライバーが負う心身の負担は相当なものとなるでしょう。

高額の契約金やロイヤリティを求められる

委託ドライバーとして契約を結ぶ際には、契約金やロイヤリティについても注意する必要があります。

もちろん、契約金やブランド使用料等のロイヤリティを徴収している会社すべてが悪徳企業だというわけではありません。しかし、支払金額が妥当であるかどうかはよく考慮しましょう。ロイヤリティの割合が不当に高い場合、せっかくたくさんの仕事をこなしても手元に残る収入は僅かなものになってしまいます。

危険な業者を見極めるコツ

契約金、ロイヤリティ、車両購入の有無をチェック

企業側に支払う金額を低く抑えることは、そのままリスクの低減に繋がります。契約金の支払いや車両の購入が必須項目として挙げられていないかどうか、必須である場合は正当性があるかどうかをよく確認しましょう。

「おいしい」求人には要注意

「月収50万円以上」といった魅力的な求人広告を見かけても、安易に飛びついてはいけません。とくに、同業他社の求人と比較して、極端に条件のよい求人には注意しましょう。こうした広告は、人を集めて不当に利益を得るためのエサのようなものである可能性があります。

契約書をよく読もう

契約の際の書類には、隅々までしっかりと目を通してからサインしましょう。よく見ると、ドライバーにとって不利益となるような内容が隠れている可能性が。見落としたまま署名してしまうと、「条件に同意した」と見なされ、後から不当性を主張することが困難になる恐れがあります。

「自分の身は自分で守る」ことを意識しよう

委託ドライバーとして働くということは、個人事業主として働くということ。会社員として働く場合とは異なり、守ってくれる後ろ盾はありません。

開業を目指して応募を行う際には、予めリスクに関する情報を集めておきましょう。「おかしい」「怪しい」と気づくための知識を得ることが、悪徳業者から身を守ることに繋がります。

あなたが希望する稼ぎ方は?おすすめ宅配業者3選
ガンガン働いて【年収700万円】以上稼ぎたい
副業で土日のみ働いて【小遣い稼ぎ】がしたい
馴染みある地方で【安定した収入】を得たい
あなたが希望する稼ぎ方は?おすすめ宅配業者3選
ガンガン働いて【年収700万円】以上稼ぎたい
副業で土日のみ働いて【小遣い稼ぎ】がしたい
馴染みある地方で【安定した収入】を得たい

ページの先頭へ