MENU
疾走︕委託ドライバー | 働く男のためのWEBマガジン » 委託ドライバーベテランへの道 » 運送保険に加入する

運送保険に加入する

委託ドライバーとして働く場合、自分の身は自分で守らなければいけません。配達中に起こったトラブルに対処するために便利なのが「保険」です。配達中のトラブルに適した保険をご紹介します。

配達中トラブルは保険で補償することが可能

お客様から荷物を預かって配送するドライバーにとって、荷物の紛失や破損、盗難は大きなリスクになります。配達の間に車から離れた際、荷物を盗まれてしまったり、うっかり荷物を落として破損してしまったりした場合、弁償をしなければいけません。こういうリスクをカバーするために便利なのが、運送中のトラブルを補償してくれる「運送保険」です。

主な補償範囲は2種類ある

幅広いケースに対して対応できるタイプ

カバー範囲が広い保険に加入すると、わざと荷物を放り投げて壊した場合や、地震による破損などのごく一部の例外を除き、ほとんどのケースで補償を受けることができます。盗難や配送中の事故による荷物の破損はもちろん、うっかり荷物を雨ざらしにしてしまったときの保障などもしてもらえるため、安心度は抜群。荷物の破損リスクにしっかり備えたいという方におすすめです。ただし、補償が手厚い分、保険料も割高になってしまいます。

業務中に起こりやすいトラブルのみ対応できるタイプ

「うっかり荷物が水に濡れてしまった」「冷凍便を普通のトラックで配送して腐らせてしまった」といった自分のミスが原因で起こる荷物の破損についてを補償対象外にすることで、保険料を抑えることもできます。範囲を狭めた保険でも、運転中に起こった事故による荷物の破損や、荷物を保管中に倉庫が火事になってしまったといったトラブルには備えることが可能。自分の注意でカバーできるところはカバーして保険料を抑えたいという方におすすめです。

保障内容を充実させる特約とは?

荷物の配送中に起こる可能性があるトラブルには、いろいろな種類があります。普通の保険だけではカバーしきれない部分の保障を受けたい場合は、「特約」をつけるのがおすすめです。

特約にもいくつも種類があります。たとえば、他人にぶつかって持ち物を壊してしまったり、怪我をさせてしまったりした場合に使える「第三者賠償責任担保特約」や、事故で別の車を手配しなければいけないときのための「継搬費用特約」、荷物があちこちに散乱してしまったときの片付け費用をカバーできる「残存物取片付け費用特約」などです。特約をつけることで、より補償内容を手厚くできます。

あなたが希望する稼ぎ方は?おすすめ宅配業者3選
ガンガン働いて【年収700万円】以上稼ぎたい
副業で土日のみ働いて【小遣い稼ぎ】がしたい
馴染みある地方で【安定した収入】を得たい
あなたが希望する稼ぎ方は?おすすめ宅配業者3選
ガンガン働いて【年収700万円】以上稼ぎたい
副業で土日のみ働いて【小遣い稼ぎ】がしたい
馴染みある地方で【安定した収入】を得たい

ページの先頭へ