MENU
疾走︕委託ドライバー | 働く男のためのWEBマガジン » 業務委託って何? » 請負と委任の違い

請負と委任の違い

業務委託は2種に分かれる!請負と委任とは?

業務委託は依頼方法によって「請負(うけおい)」と「委任(いにん)」に分けられます。請負とは仕事の“成果”に対して報酬が支払われる依頼方式。委任とは“労力”に対して報酬が支払われる依頼方式です。請負では成果を判断するための明確な基準を取り決め、どれだけ時間や労力を費やしたとしても基準内容を満たしていない場合報酬は支払われません。一方、委任は結果に関わらず依頼に対応すると報酬が発生します。

請負と委任どちらが適切?委任の事例

「委任」で使用されるのは、委任契約書や業務委託契約書です。成果物がなくとも報酬を得られるため、なるべくリスクを追わずに業務委託を受けたい人におすすめ。ただし、成果報酬ではないため、高収入はあまり期待できません。委託事業を始めたいけれど失敗したくない、まずは確実な報酬を得たいという人は委任方式の業務委託を行っている会社と契約を結びましょう。ちなみに委任方式の業務委託契約を結ぶことが多いのは、委託ドライバーや弁護士、ソフトウェア開発事業やコンサルティング、ホテル運営やマッサージ業、理容・美容業界などです。

請負と委任どちらが適切?請負の事例

「請負」は業務請負契約書で締結されるのが一般的です。ただし、最近は業務委託契約書の中身(実務)は業務請負契約書になっているケースもあるため、よく目を通してから契約を結ぶ必要があります。成果物次第で高収入が見込めるのが請負方式の委託業務の良いところ。結果を出さなければならないというプレッシャーは伴いますが、そのぶんやりがいを感じられる業務委託の依頼方式です。自分の力を試したいという人は、請負方式の業務委託を行っている会社と契約を結ぶのがおすすめ。請負方式の業務委託契約を結ぶケースが多いのは以下の事業です。 請負方式の業務委託契約もまた、委託ドライバーや弁護士、ソフトウェア開発事業やコンサルティング、ホテル運営やマッサージ業、理容・美容業界などで結ばれます。

契約内容が請負か委任かよく確認

上記で説明した通り、業務委託では請負か委任かで報酬の発生条件が異なります。違いを明確に知っておくことでトラブルを事前に防ぐことができるでしょう。業務委託を受ける際は契約内容が委任と請負のどちらなのかを確認することが大切です。請負は成果次第で高収入を得られますが、途中で課題を達成できなくなる可能性はないか、契約をやめた場合違約金が発生しないかという点は要確認。時間と労力を費やしたのに報酬がもらえないという事態を避け、自分に合った契約で効率的に稼ぎましょう。

あなたが希望する稼ぎ方は?おすすめ宅配業者3選
ガンガン働いて【年収700万円】以上稼ぎたい
副業で土日のみ働いて【小遣い稼ぎ】がしたい
馴染みある地方で【安定した収入】を得たい
あなたが希望する稼ぎ方は?おすすめ宅配業者3選
ガンガン働いて【年収700万円】以上稼ぎたい
副業で土日のみ働いて【小遣い稼ぎ】がしたい
馴染みある地方で【安定した収入】を得たい

ページの先頭へ